鎌倉に行ってきました。 −鎌倉〜長谷、極楽寺方面ー

おはようございます、Tomです。昨日は、朝から暑かったですね。Tomは5月からすっかりクールビスの格好で通勤していますが、昨日は、それでも暑くなりそうでしたので、下着は、ユニクロのAirismの袖なしを着て行きました。これ以上暑くなったらどうしましょ?
アロハに短パン?そんなわけないよね。まあ、上海の暑さに比べればまだましか?


さて、Tomの鎌倉レポートも今回で3回目になります。今回のルートは鎌倉駅から、長谷駅方面です。

1.鎌倉〜長谷方面へ移動、ところが・・・・・。
 さあ、昼ごはんも食べたし、コロッケも食べました。いよいよ後半の始まりです。鎌倉駅に行き、江ノ電のホームへ向かいました。
 ところが、江ノ電のホームは、観光客でごった返し、まあ私たちも観光客なのですが、それでも凄い数です。
 それに加えて、駅の係員のアナウンスによると、現在長谷寺は、70分待ちで整理券を配っているそうな。
 これはまずいと思い、我々は急遽次の駅の極楽寺へ行くことにしました。


2.極楽寺へ到着
 2回待って江ノ電に乗り、極楽寺までやってきました。駅を降りると、極楽寺はすぐ目の前にありました。
 どうやら拝観料は要らない様子。門も左右の出入り口から入ります。
 このお寺は、参拝をする方だけに門を開いている様で、管内での写真やビデオの撮影は出来ませんでした。
 ちょっと物寂しい感じがしましたので、私たちは、参拝を行いそそくさと出てきました。極楽寺という駅名にもなっている割には、ちょっと残念でした。


3.成就院
 極楽寺を出て、坂を上って行くと、その頂上付近に成就院がありました。ここは平安初期に弘法大師が数日間にわたり護摩供養を修したと伝わる霊跡に承久元年(1219)に鎌倉幕府第三代執権の北条泰時が本尊に不動明大王を祀り創建した寺だそうです。

極楽寺に比べ、こちらは観光客がごった返し。特に若いカップルや、若い女性に人気で、参拝するのにも長蛇の列です。なぜ?と思って、看板をみたら、ここは縁結びのお寺でした。それに加えパワースポットでもあるらしく、若い女性は飛びつくわね。

今年結婚25年を迎えた私たちにとって、いまさら縁結びは無用の長物で、縁切り寺でなければOKというレベルですので、パワースポットにも目もくれず、参拝してここを出ました。


私たちがとても気に入ったのはここから眺めるアジサイの参道とその奥に見える湘南の海です。晴れている事も手伝い、とても美しい海でした。まるでハワイの様な景色ですね。




4.成就院から長谷方面へ
Tomの動物的な方角では、この成就院から坂を下れば、長谷方面でしょう?と思い、成就院の坂を下りました。まあ、隣の駅が長谷なので当たり前と言えば当たり前ですが。

しばらくすると、長谷駅に到着です。そして、それを高徳院方向に歩くと、長谷寺の入り口になりました。ところがまだ人はごった返しておりました。時間も16:30となっており、長谷寺の拝観時間は17:00までだそうですので、このままでは、並んでいるうちに終了という事も考えられます。

そこで、残念ですが今回は、長谷寺はパスし、高徳院へ行く事にしました。
高徳院といえば、奈良の大仏です。さあ、行ってみましょう。


5.高徳院へ到着
 かなり歩いた気がします。やっと高徳院にたどり着きました。拝観料200円を払い、中に入ります。

見えてきました、奈良の大仏です。


なかなか男前ですね。この大仏様の正式名称は、『阿弥陀如来坐像』といい、鎌倉唯一の国宝で与謝野晶子が『美男』と詠った事でも有名だそうです。
当初は、木製だったそうですが、嵐で崩壊し、現在の青銅製の大仏になったそうです。




7.大仏様を拝んで今日のプチ旅行は終了
 大仏様を拝観したら、17:30。もう終了の時間ですね。
 帰りは、長谷駅方面に行く途中、有名な『まめや』さんにより、豆のお土産を買いました。ここは、全ての豆を試食でき、それでチョイスできるので、とても嬉しいです。
そして、結構美味しいのです。いっぺんで気に入りました。



そんなこんなで、Tomのプチ旅行 鎌倉編は終了です。でも、明日はオプションとして、紫陽花の写真集を載せたいと思います。