パナソニック ナビ 『Gorilla 』の取り付け ―その3ー

こんばんは、Tomです。今日はとても天気がよく秋晴れでした。こんな時、本当はゴルフが出来ればいいのですが、あいにくいつものメンバーは先約が入っていたので、夕方に練習だけしました。

さて、パナソニック ナビ 『Gorilla』の取り付けの記事は今回で3回目。
取り付けそのものは、前回で一応終了しましたが、まだテンポラリー(仮)の状態であり、下記の3点がまだ終わっていませんでした。
そこで、今日はそれをすることにしました。

 ① テレビのパーキングブレーキロックの解除
 ② FM-VICS(渋滞情報)アンテナの設置
 ③ ナビの角度修正(テカリで見にくいので・・)

さて、今日はどの様なトリッキーな工事が待っているのでしょうか?お楽しみに!

1.テレビのパーキングブレーキロックの解除

 1)走行中のテレビロック
 たいていのナビは、パーキングブレーキのセンサに配線を接続し、それを接続するとパーキングブレーキをかけた時だけテレビが見れるようになっています。だから、その配線をしなければ、走行中でもテレビは見れるのです。ところがGolliraは、パーキングセンサに接続しない限り下記の様にテレビは見れません。
(運転しながら撮影したので、ボケてしまいました。ごめんなさい。)

2)走行中のテレビロック解除パーツ

でも、裏技があります。その配線をショートするとテレビが見れるようになります。
 本来は、ショートするためのケーブルが販売されていますが、もっと簡単な方法があります。
 それはこれです。
これは、2.5mmのボルトです。

3)ロック解除
 実は、このパーキングブレーキセンサハーネスは2.5mmのミニプラグですので、2.5mmのボルトをそのジャックに差し込んでやるだけで、ショートされ、ロックが解除されるのです。

走行中でもテレビが見れるようになりました。

テレビを見ることは危ないので、2秒以上は見ないようにしましょう!
それより、走行中に写っているテレビの画像を写真で取るのはもっと危険なのでやめましょう。

2.FM-VICSのアンテナの設置

1)FM−VICSとは?
 FM−VICSはFMの文字放送の帯域を使用し、渋滞情報を受け取るシステムです。通常のナビは、オーディオも付いているので、FMラジオのアンテナを付けるだけでFM−VICSが完成するのですが、Gorillaにはオーディオ機能が無いので、別途FMアンテナを付ける必要があります。これはカーナビに付属しています。

2)FM−VICSアンテナを取り付けよう!
早速、FM−VICSアンテナを取り付けます。アンテナは、フロントガラスに貼り付けるフィルムアンテナなのでそこまでは簡単です。

3)配線の這い回し
ところがその後は大変です。
まずは、ピラーのカバーの中にハーネスを入れるために、ピラーカバーを取り外します。
ピラーカーバを取り外すためには、まずモールを取り外します。

次にピラーのカバーをエイ!ヤット!力を入れて取り外します。

これでピラーの中の配線は終了。

ところが今度は、ダッシュボードの裏側を這いまわさなければなりませんので、まずは奪取ボードの下のカバーを取り外します。

そして、ダッシュボードのねじを取り外し、ダッシュボードを取り除きます。

これで、FM-VICSのアンテナケーブルの這い回しはひとまず終了です。

3.ナビの角度を変更する。ところが・・・
じつは、先日の工事で、ナビはシフトレバーの脇に取り付けました。所が朝晩は斜めに太陽の光が入り、ナビが非常に見にくいのです。なので、今回は運転席側に角度を付けてやろうと思いました。

ところが、FM-VICSのアンテナを這いまわすために、あちこちバラシていたら、なんだかそんなことが面倒になって、いっそのこと今のナビの場所に取り付けたほうがより良い結果になると思い始めました。

純正ナビと同じ場所にGrillaを立ててみました。
やっぱりこの方がしっくり来ますね。

4.オリジナルのナビの場所に取り付けるための準備

1)ハーネスの通り道の穴
  現在のナビの場所にGorillaを取り付けるにしても、電源、アンテナなどのハーネスの通り道を作らなければなりません。でも、表にそのハーネスが出てくるのはTomの美的感覚にそぐわないのです。そこで、オーディオの部分から穴を開けて現在のナビの前、今回取り付けるナビの後ろの中間の場所にハーネスを通す穴を開けます。これがまたトリッキーな加工となりますね。

2)穴を広げて、ハーネスを通す
 ドリルの穴では、穴が小さいので、その後、リーマで穴を広げて、ハーネスを通します。

3)マジックテープを貼る
 ナビの底辺を固定するためのマジックテープを貼り、上部は、ウレタンシートで受け両面テープで固定してみます。まだテンポラリーですので。

4)ナビを固定する
 ナビにもマジックテープを貼り、それでナビを固定します。
 車のダッシュボードは、曲面が多いので、マジックテープで固定するのが得策です。
曲面をうまくカバーしてくれます。

これで、ナビは固定できました。
やはり、この場所の方がナビは見やすいし、目の移動量も少なくてすみます。
先日移動したエアコンのコントローラとハザードランプのスイッチも元に戻しました。
やはりこの方が美しいです。
しばらくは、この状態で使用して見ましょう!