野鳥の餌場の設置

こんばんは、Tomです。今日は曇りでどんよりしていましたが、比較的暖かい日でした。明日から寒波が入り、かなり寒くなるそうです。やだな〜。

さて、今日の話題は、先日の日曜日の出来事。日曜日と言えば、そうです、山形に行った日です。でも、その前にTomは、こんなことをやっていました。

それは、野生の小鳥たちの為に、庭に餌場を設けました。
冬の時期は、野生の小鳥たちは、食べ物が無くなり飢えています。そこで、小鳥たちの為に餌場を設けたのです。
Tomも古い米(3年前の古古古米が余ってしまっていて、処分に困っているので、これで小鳥たちも喜び、庭に集まってきて、Tomの古い米も処分出来Win-Winの関係になります。

1.トレイをゲットする!
 まずは、餌場のトレイです。以前、木製のトレイを使用しましたが、風雨にされされて腐ってしまいました。そこで、DIYに行っていろいろ探してみたら、植木鉢のトレイでいいものがありました。それがこれです!

2.トレイに設置用の穴を開ける

 次に、トレイに設置用の穴を開けます。

3.雨水を逃がす穴を開ける。

 その後、ドリルの径をコメ粒よりも小さな径にして、トレイの端に穴を開けます。これは雨水を逃がすためです。

4.設置用のポール

 設置用のポールは、庭木の中で木が枯れてしまって、幹だけの木を利用することにしました。わざわざポールを作る必要がありませんね。ラッキーです。

5.トレイを設置する

 先ほどのトレイを幹に設置します。設置は簡単!幹にタッピングビス一本でOKです。

6.まずは、一握りのコメを乗せて反応をみる

 先ほど設置した、トレイの上に一握りのお米を敷いて見ました。これで反応を見てみたいと思います。

この後直ぐに、山形に向かいました。
果たして小鳥たちは、この餌場を見つけたのでしょうか?

7.確認しました

今、餌場を確認してみました。そしたら、まだコメが残っておりました。小鳥たちはまだ餌場を見つけていないようです。

もう少し様子を見て見ます。