ワイヤレスリモコン for パワーアンプ ーその 5ー

こんばんは、Tomです。ついに来ました。今日のお昼頃から雪が降ってきました。午後にはみぞれに変わりましたが、夕方からまた雪になり、今は万々降っています。明日は出張なのに、朝早起きして雪かきしなければ・・・・・。

さて、今日の記事もワイヤレスリモコンの記事です。今日は、いよいよ電源とドライブ回路に配線を行って、リレーの動作確認を行います。

1.ACアダプタからの電源の極性を確認する
TomのジャンクからACアダプタのコネクタを見つけました。

これで電源の配線をしますが、ハーネスの極性を調べます。

そして、Arduinoの電源コネクタの極性を調べます。

これで電源の極性が判りました。

2.電源を配線し、LEDの動作確認
次に実際にArduinoに+12Vの電源を接続し、動作を確認します。

1)電源を接続します。
大丈夫ですね。

2)LEDを接続して、リモコンからON/OFFする

これも大丈夫です。

3.リレーを接続し、動作を確認する
いよいよドライヴ基板とリレーを接続して動作を確認します。

1)ドライブ基板にリレーを接続する

2)リレーの動作を確認する。
そして、リレーの動作を確認します。

① 1のボタンを押下しリレーをON!
きちんとリレーが動作し、リレーのLEDも点灯しています。

② 0のボタンを押下して、リレーをOFF!

これで、1チャンネル分の動作が確認出来ました。回路はすべて同じなので、3チャンネル分の動作はOKだと思います。
週末には、完成するでしょう!
楽しみです!