TEAC 4トラックオープンリールデッキ 22-4の修理 −FINAL−

こんばんは、Tomです。今朝は、朝もやが出ました。でも、日中はとても天気が良くなり、とても暖かい日となりました。でも、明日は雨が降るとか・・・・。

さて、昨日hあタケノコの話題で、修理の記事が分断されました。今日は先日から行っていたTEACの4トラックオープンリールデッキ 22-4の修理の記事に戻ります。今日はFINALになります。
さて、どんな仕上がりになるのでしょうか?

1.フロントパネルとリアカバーの洗浄
さあ仕上げにかかります。

まずは、フロントパネルとリアカバーの洗浄を行います。
洗浄はマジックリンと歯ブラシです。

1)フロントパネルの洗浄

2)リアカバーの洗浄

3)リンス

4)自然乾燥

2.リアパネルの洗浄
フロントパネルとカバーを乾燥させている間に、リアパネル(コネクタ部)の洗浄を行います。

1)まずはマジックリンと歯ブラシで洗浄。

2)パーツクリーナでリンス

3.フロントスイッチの洗浄
フロントのスイッチを洗浄します。

ツマミ類の洗浄

4.パネルの仕上げ
洗浄したパネル、カバー乾きましたので、シリコンクリーナーで仕上げます。

1)フロントパネル

2)カバー

5.パネルと部品の取り付け
それではいよいよパネルと部品を取り付けます。

1)パネルの取り付け

2)部品の取り付け
①テンションローラーの取り付け

②ピンチローラーの取り付け

6.動作確認
部品が組み上がったので動作を確認します。

1)テープの取り付け
確認用のテープをセットします。

2)電源とモーターの動作確認
電源ON!
大丈夫です。

キャプスタンのモーターもきちんと回っています。

3)走行確認

続いて走行を確認します。

①Play

きちんと回っています。
そして、4チャンネルの音声もちゃんとモニター出来ました。

②FF/Rewの確認

早送り/巻き戻しも正常です。

これで動作は確認出来ました。

7.組み付け
動作が確認でしましたので、組み付けです。

1)カバーの組み付け

2)つまみの取り付け

8、修理完了!

これで、オープンリールデッキの修理は完了しました。

今回の修理は、単にベルト交換だけなのですが、ベルトを交換するための部品のバラシが大変でした。一番経年劣化しやすいゴムベルトの交換をするのに、いろんなところをばらさなければならないのは、ちょっと大変ですね。皆様も、オープンデッキには注意しましょう!