BOSE レシーバー RA-12の修理 -FINAL-

こんばんは、Tomです。今日は昨日に引き続き朝から晩まで寒い一日ですね。特に今日は気温が上がらず底冷えしています。明日も、明後日も寒い様ですので、皆さんおからだをご自愛ください。

さて、今日の夜はお友達と新年会がありますので、すこし早めの投稿です。今日の記事も昨日に引き続きBOSEのレシーバーR-12の修理の記事です。今日はFINALとなります。
前回の修理で、ほぼ音は出るようになりました。しかし、ボリュームの上げ下げがうまく行きません。
今回はそこの修理と仕上げとなります。

f:id:tomtom1ono:20190206152057j:plain

1.フロントパネルの基板のバラシ

まずは、操作パネルの基板を取り出さなければなりません。

1)つまみのバラシ
f:id:tomtom1ono:20190206153140j:plain

f:id:tomtom1ono:20190206153148j:plain

2)フロントパネルの取り出し

f:id:tomtom1ono:20190206153125j:plain

f:id:tomtom1ono:20190206153312j:plain

f:id:tomtom1ono:20190206153410j:plain

3)基板の取り出し
f:id:tomtom1ono:20190206153742j:plain

f:id:tomtom1ono:20190206153914j:plain

f:id:tomtom1ono:20190206154306j:plain

操作パネルの基板を取り出せました。

f:id:tomtom1ono:20190206154614j:plain

2.エンコーダーのバラシと洗浄

このレシーバーのボリュームはエンコーダ方式をとっていますが、残念ながらフォトエンコーダーではなく、メカニカルエンコーダです。したがって、このエンコーダーの接点不良が考えられます。

f:id:tomtom1ono:20190206154848j:plain

1)エンコーダーのバラシ
このエンコーダーをバラします。

f:id:tomtom1ono:20190206154912j:plain

エンコーダが分割出来ました。エンコーダーの接点が汚れていますね。これが原因です。

f:id:tomtom1ono:20190206154957j:plain

2)エンコーダーの接点の洗浄
これをCREのエレクトロニックスプレーと歯ブラシで洗浄します。

f:id:tomtom1ono:20190206155127j:plain

f:id:tomtom1ono:20190206155150j:plain

こんなに綺麗になりました。

f:id:tomtom1ono:20190206155215j:plain

せっかくですので、接点針の方も洗浄します。

f:id:tomtom1ono:20190206155231j:plain

3.パネルの組み立てと動作確認

1)エンコーダーの組み立てと動作確認
パネルを組み立てる前に、エンコーダを組み立て動作確認を行います。

f:id:tomtom1ono:20190206155638j:plain

2)パネルの組み立てと動作確認

パネルをすべて組み立て、再度動作確認を行います。

f:id:tomtom1ono:20190206161119j:plain

3)すべてのファンクションの動作確認
ついでに、入力をCD、AUX、MDなどすべての入力に信号を入れて動作を確認しました。

f:id:tomtom1ono:20190206161302j:plain

これで大丈夫です。

4.本体の組み立て
動作が確認できましたので本体を組み立てます。

1)チューナー基板の取り付け
f:id:tomtom1ono:20190206161448j:plain

2)配線のまとめ
f:id:tomtom1ono:20190206161748j:plain

f:id:tomtom1ono:20190206161831j:plain

5.カバーの洗浄
せっかくですから、ピカピカに仕上げてあげましょう!

1)TOPカバーの洗浄

TOPカバーは一番汚れるところですので、きちんとマジックリンと歯ブラシで水洗いします。
f:id:tomtom1ono:20190206162014j:plain

f:id:tomtom1ono:20190206162208j:plain

2)リアパネルの洗浄

TOPカバーを乾燥させている間にリアパネルとフロントパネルも洗浄します。

f:id:tomtom1ono:20190206162531j:plain

接点もきれいに磨きます。

f:id:tomtom1ono:20190206161504j:plain

f:id:tomtom1ono:20190206161559j:plain

3)TOPカバーの組み立て

TOPカバーが乾燥したので、TOPカバーを取り付けます。

f:id:tomtom1ono:20190206162805j:plain

6.仕上げ
最後に仕上げをしてピカピカにします。

f:id:tomtom1ono:20190206162909j:plain

f:id:tomtom1ono:20190206163123j:plain

f:id:tomtom1ono:20190206163119j:plain

f:id:tomtom1ono:20190206163759j:plain

最終的に音を確認します。

f:id:tomtom1ono:20190206163459j:plain

完成です。

f:id:tomtom1ono:20190206163809j:plain

外観はピッカピカの新品同様です。
これで数年は問題なく使用できると思います。
一つ気になっているは、今回手持ちの部品がなく交換できなかったメイン電源の5600μFの電解コンデンサです。
数年したら交換してあげますので、また送ってください。
おじいさまから引き継いだ大事なレシーバーです。末永く大切にご使用ください。