BOSE DVD プレイヤー DVA-15の修理 おまけ編-その1-

こんばんはTomです。今日も昨日に引き続き暖かい春の陽気でした。最高気温は昨日同じ19.2℃だったようです。宮城南部の白石市では、本日エドヒガン桜が開花したようです。なんと早いこと!

さて、昨日でTomのBOSEのDVDプレイヤーDVA-15の修理はほぼ終了です。しかし、今回の修理の為に3台(BOSE1台:650円、DENON2台:990円)のジャンク品をヤフオクで購入したので、これらがバラバラ状態で部屋に散らかっているので、今回からおまけ編として、ジャンク品の修理を行いたいと思います。結構重度のジャンク品ですが、もしかすると直るかもね。

1.BOSEのジャンク
まずは、BOSEDVA-15から手を付けます。
これは、電源も入らないジャンクでしたが、ここからDVDユニットの基板を頂きました。

f:id:tomtom1ono:20190320193904j:plain

もう一度電源コードを入れて動作を確認します。

f:id:tomtom1ono:20190320194000j:plain

当然ながら、ウンともスンとも言いません。

2.電源のバラシ

この傾向は、電源のソフトスタート部分の電解コンデンサがやられているケースが多いので、電源を取り出します。

f:id:tomtom1ono:20190320194045j:plain

f:id:tomtom1ono:20190320194113j:plain

f:id:tomtom1ono:20190320194338j:plain

3.電解コンデンサの確認と交換

BOSEのこのシリーズでは、電源のソフトスタート回路のこの2つの電解コンデンサが良く容量抜けでスタート出来ないことが多い様です。

f:id:tomtom1ono:20190320194509j:plain

1)100μF
さっそく100μFの電解コンデンサを取り出して、容量を確認してみます。

f:id:tomtom1ono:20190320194649j:plain

容量計で確認すると・・・・、あれ?大丈夫ですね。

f:id:tomtom1ono:20190320194753j:plain

せっかく取り出したので、新しいものと交換します。

2)470μF
続いて470μFの電解コンデンサです。

f:id:tomtom1ono:20190320195001j:plain

f:id:tomtom1ono:20190320195031j:plain

これも容量計で容量を測定すると・・・・・あれ?これも問題なしです。

f:id:tomtom1ono:20190320195100j:plain

今回の故障はここではなさそうですね。

4.電源を観察する

仕方ないので、電源を観察してみました。
すると、なんと基板が一部割れているではありませんか?

f:id:tomtom1ono:20190320195320j:plain

ひどいもんです!

f:id:tomtom1ono:20190320195345j:plain

これでは当然電源が入りませんね。

5.パターンにジャンパーを飛ばす

ひび割れた個所でパターンが切れている個所は8か所です。
そこで、先日修理の時に使用して余っていたフラットケーブルを利用してジャンパーを飛ばします。

f:id:tomtom1ono:20190320195626j:plain

これで完了です!
f:id:tomtom1ono:20190320202051j:plain

6.組付けと動作確認
さあいよいよ組付けと動作確認です。直ると良いなあ~。

f:id:tomtom1ono:20190320202457j:plain

電源コードを差し、電源ON!・・・・・・。ダメですね。

f:id:tomtom1ono:20190320202612j:plain

このジャンク品はかなりやられている可能性が高いです。
でも、これが修理醍醐味です。
これからまた楽しめますね。
お楽しみに!