ゴルフシミュレータのセンサーの修理

こんばんは、Tomです。昨日の天気予報では、今日未明に-3℃まで下がりとても寒い朝というものでしたが、今朝は3℃でそれほど寒くはありませんでした。日中も晴れて、最高気温は13℃まで上がりました。
さて、今日の話題は、修理ライフの話です。先週の木曜日、お友達のゴルフの先生の所で、シミュレーションゴルフを行った時、2ホール目でセンサーが故障してしまいました。そこで、持ち帰り修理する事に。このセンサーは、以前も修理したことがあるのですが、今回は重症でなければいいのですが。

1.ゴルフシミュレータのセンサーユニット
これが、ゴルフシミュレータ―のセンサーユニットです。

これをパソコンに繋いで、専用ソフトを起動するとシミュレーションゴルフが出来ます。

2.症状の確認
早速、ソフトを起動して、動作を確認します。

1)入り口センサー

2)出口センサー

入り口センサーの2個のLED点灯していませんね。

3.バラシ
早速センサーユニットをバラします。

4.赤外線LEDの生死の確認
赤外線LEDの生死を確認します。

1)正常なLED

2)光っていないLED

光っていないLEDはオープンです。これでは光りませんね。

これが原因です。

5.LEDの交換
さあ、原因が分かったので、LEDを交換します。

1)交換部品
このセンサーは一度修理をしているので、赤外線LEDを保管しておりました。

2)故障したLEDの取り出し
故障したLEDを取り出し、新しいLEDを仮設置してみます。

3)仮設置

きちんと光りました。

4)正式設置
今度は正式に取り付けます。

5)動作確認
センサーの前で手でスイングすると、きちんと反応する事が確認出来ました。

6.組付け
動作が確認出来ましたので、組付けます。

これで、センサーは復活しました。
早いうちに納品してあげたいと思います。
次回のゴルフの練習で使用できますね。
楽しみです!