シャインマスカットとカボチャのベト病対策

こんばんは、Tomです。今日の天気は午後2時までとても良い天気で、最高気温は30℃と真夏日でした。でも、毎日のお天気は今日で終わり。明日はいよいよ雨が降ります。
さて、今日の話題は、アグリライフの話です。そろそろ梅雨になりますし、明日は雨です。そこで今日は、在宅勤務が終わった後、シャインマスカットとカボチャにベト病対策の消毒を行いました。

1.シャインマスカットの病気対策
シャンマスカットは路地栽培なので、ベト病、黒糖病などの病気になりやすいのです。しかも、これからの梅雨時は、その病気が発症しやすいのです。これまで、ベト病対策として『オンリーワン』という消毒液を2回散布しました。

でも、毎回同じ消毒液を散布すると、病気も適応しますので、別の消毒液を散布する必要があります。ネットでも確認しましたし、果樹園のお友達のTetsuさんにも確認しました。
そこで、Testuさんからベト病対策の消毒液をご教示いただきました。
それが、『ベトファイター』という消毒液です。

何だか期待できそうです。

2.消毒剤散布の準備
さあ、消毒剤散布の準備を行います。

1)展着剤
消毒剤がきちんと定着するために展着剤を購入しました。約500円です。

2)散布のポンプ
消毒液を散布するためのポンプです。

3)電子秤
今回の計測する秤は1gです。なので普通の測りでは測定できません。そしたら、Tomはピーンときました。
そうだ、レコードの針圧を測るためのデジタル測りを使用します。

4)小袋
今回は2ℓのポンプを使用しますので、消毒剤は、たったの1gです。
そこで、電磁ばかりで1gの消毒剤を計測して、小袋に収めます。

3.消毒剤を小分けする
消毒剤を小分けします。
消毒液の希釈度合いは2000倍です。散布用のポンプは2リットルですので、2000倍ですと僅か1gとなります。
そこで1gの消毒剤を計測し、小袋に保管します。

今後の事も考えて、沢山の小袋に1gの消毒剤を小袋に入れます。

4.消毒液を作る
消毒液を作ります。
2ℓの水に、1gの消毒剤を投入します。

id
tomtom1ono:20240617221509j:plain]

そして、展着剤も加えます。

これで、消毒液の準備が完了しました。

5.消毒液散布
消毒液を散布します。

1)シャインマスカットへの散布
まずはシャインマスカットに消毒します。
これがシャインマスカットです。
今日は蒸し暑くて、モヤモヤしています。そして空を見ると雨が降りそうです。

2)シャインマスカット2への散布
そして、シャインマスカットの育っていな木に散布します。

3)カボチャへの散布
最後にカボチャにも消毒液を散布します。

先週の月曜日に受粉したカボチャもこんなに大きくなりました。



これから、シャインマスカットも金山カボチャもどんどん成長してほしいですね。
なので、出来るだけ病気になってほしくないですね。
そして外注にも負けないでね。
これから梅雨なので、頑張ってほしいです。
生育が楽しみです!

潅水チューブの圧力増強の確認と、次の野菜の為の準備

こんばんは、Tomです。今日の天気はほぼ一日中晴れで、最高気温は28℃と夏日の天気でした。この天気は明日迄続き、火曜日は雨が降るようです。まさに畑の野菜にとって恵みの雨ですね。
今日の話は、アグリライフの話です。先日製作した潅水チューブの水圧増強装置の動作を確認しました。結果は大成功でした。
その後、玉ねぎとキャベツの収穫跡を耕耘し、次の野菜の定植の準備をおこないました。

1.畑に到着!野菜の成長の確認
畑に到着しました。

まずは野菜の成長を確認します。

1)ジャガイモ
ジャガイモはもうすぐ収穫出来そうですね。

試しに、一株起こしてみました。

2)スイカ
イカはだいぶ弦が伸びてきました。

良く見ると、既に雌花が咲いていて、スイカの赤ちゃんが2つもありました。

3)キュウリ
キュウリはだいぶなり始めました。

ただキュウリのお尻が細いので、水が足りないですね。

4)トマト
トマトは葉が丸くなってしまいました。
こちらも水が足りないようです。

5)ナス、ピーマン、里芋
ナス、ピーマンは収穫できるようになりましたが、やはり里芋も含め水が足りないです。

6)キャベツ
キャベツは既に収穫していますが、本日残りの収穫をして最後になります。

2.潅水チューブの圧力装置の動作確認
さあ、本日の目的の一つである潅水チューブの圧力増強装置の動作を確認します。

以前と比較して水圧が上がっています。

潅水チューブの圧力増強装置はうまく働いていますね。
約250lの水は約10分間でなくなりました。
成功ですね!

3.他の野菜への水やり
他の野菜へ水やりを行います。

1)ネギへの水やり

2)スイカへの水やり

これで、潅水チューブの後の他の野菜への水やりは終了です。

4.次の野菜への準備
玉ねぎとキャベツの収穫の後、次の野菜の準備をするために、マルチを剥がし畝戻しを行い、耕耘を行いました。

1)マルチ剥がし

この間、カミさんは、畝の除草をしていました。

2)畝戻し

3)耕耘



これで、次の野菜の準備が出来ました。
今度はどんな野菜を育てましょうか?
楽しみですね。

2週間毎の敷地内と敷地周辺の草刈り!

こんばんは、Tomです。今朝はどんより曇っていたのですが、8時以降は晴れ上がり16時まで良い天気になり、最高気温は27℃と夏日の一日となりました。明日も同じような天気です。
さて、今日の話題はガーデンライフの話です。今年は家の敷地内と、敷地の周りの草刈りは2週間毎に刈り取り、草に出来るだけ光合成をさせない作戦を立てて実行していました。昨日の夕方1時間と、今朝の1時間で草刈りをし、家の周りがサッパリとしました。これで2週間は気持ちよく暮らせますね。

1.今年の草刈り作戦
今年の敷地の中と敷地の周りは、2週間に一度草を根元迄刈る事で、草に光合成をさせない作戦です。しかも、2週間に1度のペースで根元まで刈ると、草はあまり伸びず、草刈りもナイロンワイヤーで楽に刈り取る事が出来ます。

1)2週間で伸びた草(花壇エリア)
これが、2週間たった草の状況です。

余り伸びていませんね。これならナイロンワイヤーでも楽に刈り取る事が出来ます。
草はここまで成長するとその後、光合成が効率よくなり、ぐんぐん伸びて行きます。なので2週間はちょうど良い長さだと思います。

2)草刈り開始
さあ、今回もナイロンワイヤーで草の根元まで刈りとります。

楽に刈れますね~。
実に気持ちが良いです。

2.昨日の夕方と今朝の草刈りの結果
それでは、昨日の夕方の1時間と、今朝の1時間の結果の写真をレポートします。(すべてではありません)

3.花壇のエリアはアジサイが綺麗です。
花壇エリアは今、アジサイの花が咲き始めていて、とても綺麗です。

アジサイは始まったばかりですので、これからが楽しみですね。
今年の庭と花壇はカレンダーに印を付けて、これからも2週間毎に綺麗にして行きたいと思います。
何だか雑草に刈っている感じで、とても嬉しいです。

SONY カセットデッキ TC-4300SDの修理 ーその13ー

こんばんは、Tomです。今日は一日中晴れで、最高気温は30℃を超え、真夏日になりました。でも、明日はもっと熱くなるそうです。まだ6月なのにね。
さて、今日の記事は、昨日に引き続き修理ライフの記事です。昨日の記事では、SONYカセットデッキTC-5350SDの修理がほぼ一段落しました。そこで、以前からモーターの障害でなかなか完了しなかったSONYカセットデッキTC-4300SDの修理を再開しました。前回は折角完了したと思ったらモーターが突然ご臨終になりました。そこで今回はモーターを分解し一か八かの賭けに出ようと思いました。そしたら、なんと突然モーターが復活しました。

1.モーターが御臨終になったTC-4300SD
これが何度も修理をしてなんとか修理が完了したと思ったら最後にモーターが御臨終になったTC-4300SDです。

今まで、モーターを2回バラシましたが、2回とも失敗しました。
なので、今回は一か八かの賭けに出ます。

2.本体からモーターを取り出す
それではモーターをばらす為に、本体からカセットデッキユニットを取り出し、モーターを取り出します。

モーターをばらす為に、プーリーを取り外します。

3.モーターをばらす前にちょっと確認
それではいよいよモーターをばらしますが、モーターをばらす前に確認する事があります。それは、モーターに供給される電源の波形を確認する事です。

電源を入れPLAYを押下します。
そしたら、意外や意外、モーターが回転しています。
しかも、トルクも十分にあります。

回転スピードを替える可変抵抗を回すと、きちんと回転数が変わります。

これはもしかするとモーターが復活したのかもしれません。

4.組付けと確認
モーターとデッキユニットを組付け動作確認を行います。

1)組付け

2)動作確認
それでは動作確認を行います。

おおーっ!きちんと動作しています。

5.調整
それでは、再度モータースピードとワウフラッターを調整します。

1)スピード調整

2)ワウフラッター測定

これでOKです。

6.仕上げ
それでは、ピカピカに仕上げます。

1)ツマミを取り除く

2)フロントパネルを洗浄する。

3)操作レバーをピカピカに

4)ツマミを取り付ける
綺麗になったツマミを取り付けます。

7.完了!
TC-4300SDの仕上げが完了しました。
新品の様にピカピカになりました。



これでTC-4300SDの修理も完了です。
なんだか潮目が良い方向に変わりました。
どんどん修理も解決する方向に向かいました。
達成感ありですね。

SONY TC-5350SDの修理 ーその9ー

こんばんは、Tomです。今日の天気は午前中晴れ、そして午後は曇り空で、途中カミナリもありました。最高気温は27℃と夏日でした。明日は一日中晴れで真夏日になりそうです。
さて、今日の話題は、修理ライフの話に戻り、『SONY TC-5350SDの修理』の記事で今日はその9となります。前回は、やっとのことでTC-5350SDの故障が解決しました。そこで、今回は、仕上げと調整を行います。

1.カセットメカレバーの仕上げ
カセットメカのレバーは、結構汚れています。

このレバーは、マジックリンでも綺麗になりませんでした。
そこで、最後の手段として、ピカールで研磨します。

レバーは、ピカピカになり、鏡面状態になりました。

2.ヘッドとピンチローラの洗浄
次はヘッドとピンチローラを仕上げます。

ヘッドとピンチローラは綺麗になりました。

3.その他諸々の洗浄
その他諸々のパーツを洗浄しました。

4.録音と再生
それでは、録音と再生の動作を確認します。

1)録音

録音のソースは、AmazonMusicの音楽です。

2)再生
再生します。

大丈夫ですね。

5.速度調整
カセットの音楽の速度が正しいかどうかを確認するため、AmazonMusicで同じ音楽を再生し、速度を調整します。

6.フロントパネルの洗浄
フロントパネルを洗浄します。

7.ツマミの洗浄
つまみを洗浄します。

8.ボリュームのガリ取り
LINE OUTやLINE IN、MIC INのボリュームのガリを除去します。

これで、ボリュームのガリが取れました。

9..組付け
]

10.完成
フロントパネルの組付けが完了しました。

とてもピカピカです!

1)フロントパネル

2)内部



これでTC-5350の修理はほぼ完成です。
後は、TOPカバーを取り付ければ終了です。
結構苦労したので、ピカピカになって本当に良かったですね。
達成感ありです!

今日は近所の方の草刈りのお手伝い。

こんばんは、Tomです。今日はとても天気が良く、且つ暑かったですね~。最高気温はなんと31℃で真夏日になりました。今年の本格的な夏が本当に心配になってきました。
さて、今日はアグリライフの記事です。本日の在宅勤務を終えた後、近所の方の休耕田の草刈りと、Tom家の親戚で管理が出来ていない畑の草刈りを行いました。面積が広いので、ハマー君(ハンマーナイフ)が大活躍でした。

1.ご近所の休耕田の草刈り
この休耕田はTom家のすぐ近くのご近所の休耕田です。面積にしておよそ8a(田んぼ換算で0.8反)あります。この面積を仮払い機で刈るのはとても大変です。そこで、今年もハマー君(ハンマーナイフ)で草刈りのお手伝いをしました。

この面積を刈り払い機で刈ろうとするとぼぼ半日から1日掛かります。でも、ハマー君なら約40分であっという間に草刈りが終了します。

ご近所の方にも大変喜んで頂きました。

2.近所の親戚の畑の草刈り
ここは、我が家の畑のすぐ隣にある畑です。
この畑は、Tom家の親戚の畑ですが、その親戚は空き家となり誰もこの畑を管理する人がいなくなってしまいました。このままだと草が伸びて周辺の畑の方にご迷惑をおかけしますので、今年はTomが草刈りをすることにしました。

1)畑の面積

それにしても、ここの畑は広いです。15aくらいありそうです。

2)草の様子
草は、だいぶ伸びています。
茎の太い草が腰高迄伸びていました。

そして、畑の中央には大きなイタドリの雑草がとんでもない大きさに育っています。

でも、ハマー君ならこんな大きな草も一瞬にして無くなります。

草も殆ど残っていません。さすがハマー君です。

3)草刈り終了
1時間20分くらい草を刈ったでしょうか?
やっとのことでこの畑の草刈りが終了しました。

本当に広いですね。

これでホッとしました。

Tomが草刈りをしている間、カミさんは、我が家の畑の防草シートがはずれていて草が伸びているは所の草むしりを行っていました。これも大変ですね。

4.田んぼや畑の通路の草刈り
最後に畑の通路や、田んぼのあぜ道の草を刈り取りながら帰宅しました。



先日は、あぜ道の真ん中の草刈りを行いましたので、今回は残っていた両端の草刈りをおこないました。
これで、畑関連の草刈りはしばしお休みですね。
ご近所の方にも喜んで頂き、達成感ありです!

6月は第二弾の花が満開!

こんばんは、Tomです。今日は一日中晴れで最高気温は28℃迄上がり、夏日でした。湿気も出てきてもう少しで梅雨入りですね。梅雨はイヤですね。早く通り過ぎてほしいものです。でも、今週は週末まで晴れる様です。
さて、結構難解な修理が一段落したので、今日の記事はアグリライフとガーデンライフの記事です。昨日と今日は畑の『金山カボチャ』の雌花が咲き始めましたので、昨日を今朝に花合わせ(受粉)を行いました。そして、シャインマスカットの花穂も満開になりましたので、ジベレリン処理(種なし処理)を行いました。花壇はバラとアジサイがとても綺麗です。

1.金山カボチャの雌花が咲きました。
先週末の土曜日、金山カボチャの不織布ポットの周辺をメンテナンスし、根が横に伸びる様な対策を行いました。
その時、雌花がもう少しで咲く状況でしたので、次の日、今年初めての花合わせを行いました。

1)昨日の朝の花合わせ(受粉)
昨日の朝は、今年初めての花合わせ(受粉)を行いました。最近ミツバチや蝶々が少ないので、人工的に受粉する必要があるようです。

雌花が咲きました。

雄花の花びらをとりのぞき、雌花に受粉します。

その後は、雌花に別のカボチャの花粉が付かないように、輪ゴムでくくり、ハチが入らないようにします。

2)今朝の花合わせ
そして今朝も花合わせを行いました。

これから毎朝この作業が続きますね。でも、この花合わせを行う事で、確実にカボチャを受粉することが出来ます。
夏が楽しみですね。

2.シャインマスカットの花穂をジベレリン処理
1)シャインマスカットの花穂は満開
シャインマスカットの1つだけの花穂は満開になりました。

2)ジベレリン処理剤を頂く
シャインマスカットの木を頂いた果樹園のお友達のTetsuさんに花穂が満開になった事を連絡すると、今朝早く電話があり、
ジベレリン処理の薬をあげるから取りに来てね』という事でしたので、朝一番で伺いました。
そして、ジベレリン処理剤を分けて頂きました。Tomもジベレリン処理剤は購入していたのですが、たった一個の為に処理剤を作るのはもったいないという事で、大変助かりました。

3)ジベレリン処理
家に戻り、早速ジベレリン処理を行いました。
ジベレリン処理はとても簡単で、満開の花穂をジベレリン液に2~3回浸すだけです。

そして、顆粒が大きなる液が入っているジベレリン液に最後に浸して終了です。

最後に、花穂の一番上の車を2つ残しておいたのですが、一回目が終わったという印で、2つの車の1つをカットします。

本来なら、今年の花穂は1つしかないので、余り意味はないのですが、来年の為の予行演習です。
あと2週間後にもう一度ジベレリン処理します。

3.花壇はバラとアジサイが満開
今年花壇はカミさんの手入れが行き届き、とても綺麗な花が咲いています。

1)バラ
今咲いているのは、遅咲きのバラですが、弦バラのフロテンティーナが沢山の花を咲かせています。

その他にもバラが綺麗に咲いています。

2)アジサイ
アジサイも咲き始めました。

これは先日チャレンジ農業の先生から頂いたものですが、なんと一鉢に6つの大きなアジサイが咲いています。とても綺麗ですね。

3)やまぶき
山吹も咲き始めました。

4)梅
花ではないですが、そろそろ梅の実も大きなり収穫の時期ですね。



という事で、Tom家の畑や花壇は花や果実で楽しいです。
なんだか生きているという実感が沸きますね。
これからが楽しみですね。