20年振りのセンサーライトのリフォーム

こんばんはTomです。今日は寒かったですね。最低気温は-0.7℃。そして出勤時の外気温は3℃でした。一気に冬っぽくなりました。そうです、今日から12月ですものね。
さて、今日の記事は週末の土曜日に実施した、家の外のセンサーライトのリフォームの話です。
我が家は新築してから25年経過しており、今年は少しずつフォームを実施しております。先週末の土曜日は、家の軒下にある2つのセンサーライトの一つをリニューアルしました今日はその話です。

1.20年経過したセンサーライト
これが、20年経過したセンサーライトです。このライトはハロゲンライトなので、数十秒ですが200Wくらいの電力を必要とします。数年間から誤動作していたので、電源を外していました。

f:id:tomtom1ono:20201201203027j:plain

2.20年ぶりに購入したセンサーライト
そして、これが20年振りに購入したセンサーライトです。
LEDですがなんと900ルーメンと十分な光量です。
そして、うれしいのは、ソーラー充電式なので、電源を必要としません。

f:id:tomtom1ono:20201201203339j:plain

3.センサーライトの交換

早速交換します。

1)取り外し
f:id:tomtom1ono:20201201203634j:plain

f:id:tomtom1ono:20201201203649j:plain

2)LEDセンサーライトの取り付け
まずは台座を取り付けます。

f:id:tomtom1ono:20201201203729j:plain

そして、本体を取り付けます。

f:id:tomtom1ono:20201201203750j:plain

3)ソーラーパネルの設置
ソーラーパネルを屋根に取り付けます。

f:id:tomtom1ono:20201201203858j:plain

ソーラーから来たハーネスを本体に取り付けて終了。

f:id:tomtom1ono:20201201203956j:plain

f:id:tomtom1ono:20201201204015j:plain

4.動作確認
夜になりましたので動作を確認します。
このセンサーライトは優れもので、人がいない時はLEDのライトを薄く点灯し、街頭のような役目を果たします。

f:id:tomtom1ono:20201201205452j:plain

そして、人を感知すると、結構な明るさで周囲を照らします。

f:id:tomtom1ono:20201201205550j:plain

これで、電源不要なのですから、なかなかです。

5.別のセンサーライトのメンテナンス
メインのセンサーライトを交換しましたので、今度は別のセンサーライトのメンテナンスを行います。

1)駐車場側のセンサーライト
駐車場側のセンサーライトは、先日まで点灯していましたが、急に点灯しなくなりました。

f:id:tomtom1ono:20201201204334j:plain

良く見ると、ハロゲン球が真っ黒になっています。切れたのですね。

f:id:tomtom1ono:20201201204420j:plain

そこで、先ほど取り外したセンサーライトの玉を移植します。
これから球を取り出し、

f:id:tomtom1ono:20201201204500j:plain

こちらのセンサーライトに移植しました。

f:id:tomtom1ono:20201201204600j:plain

これで復活すると良いですね。もし復活しなかったら、ソーラータイプのセンサーライトに変更します。

2)最も古いセンサーライトの移植
これは最も古いセンサーライトです。もう使用していませんので電球もありません。

f:id:tomtom1ono:20201201205845j:plain

これを取り外します。

f:id:tomtom1ono:20201201205908j:plain

門の近くは真っ暗なので、ここに取り付けます。
使用頻度が少ないので、40Wの白熱球を取り付けました。ちゃんと動くのだろうか?心配です。

f:id:tomtom1ono:20201201210058j:plain

これで、Tom家の家の周りのセンサーライトのメンテナンスは完了です。
ソーラー発電のLEDセンサーライトの結果が良かったので、順次LEDに変更してゆきたいと思います。

AIWA MD/CDミニコンポ XR-MD500の修理 -その3-

こんばんは、Tomです。今朝は曇り空で寒い朝でした。その後、日中も日が照る時間が少なかったので、一日中寒々しい日でした。明日は更に寒くなりそうです。師走の寒さだとか・・・・。
さて、今日の話題は昨日実施した、AIWA MD/CDミニコンポ XR-MD500の修理 -その3-です。週末の土曜日にピックアップが到着したので、昨日はピックアップを交換し、CDユニットを組み上げました。

1.ピックアップの到着
前回は、CDユニットを組み上げテストをしたところ、3枚中2枚のCDが読み込めませんでした。そこで、Amazonにピックアップを注文しました。

f:id:tomtom1ono:20201130193302j:plain

これが、ピックアップです。価格は1300円ほどです。

f:id:tomtom1ono:20201130193211j:plain

2.ピックアップの取り外し
それでは古いピックアップを取り外します。

f:id:tomtom1ono:20201130193156j:plain

通常は、ピックアップのレールはビス止めされていますが、これは熱溶着されています。
仕方ないので、この溶着部分をニッパーで切り取りました。

f:id:tomtom1ono:20201130193517j:plain

そして、マイナスドライバでレールを外します。

f:id:tomtom1ono:20201130193645j:plain

ピックアップが外れました。

f:id:tomtom1ono:20201130193806j:plain

3.ピックアップ取り付けの準備
ピックアップを取り付ける前に、ピックアップを壊さないための準備をします。
半田ごてにGND線を取り付け、手首にはアルミ箔で作ったGNDのベルトを作ります。

f:id:tomtom1ono:20201130194031j:plain

f:id:tomtom1ono:20201130194658j:plain

これで準備万端です。

4.ピックアップの取り付け
これが新しいピックアップです。

f:id:tomtom1ono:20201130194812j:plain

これをセットします。

f:id:tomtom1ono:20201130194915j:plain

そして、フラットケーブルをセットします。

f:id:tomtom1ono:20201130195009j:plain

レールの端っこをホットメルトで固定すればOKです。

f:id:tomtom1ono:20201130195116j:plain

レールにミシン油を挿して、キャリッジの移動をスムーズにします。

f:id:tomtom1ono:20201130195410j:plain

最後にショート半田を取りはずせばOKです。

f:id:tomtom1ono:20201130195539j:plain

f:id:tomtom1ono:20201130195605j:plain

きちんと半田が無くなりました。

f:id:tomtom1ono:20201130195632j:plain

これで、ピックアップの交換は終了です。

f:id:tomtom1ono:20201130195949j:plain

5.CDユニットの組付け
後は上下移動のユニットを取り付けます。

f:id:tomtom1ono:20201130200111j:plain

そして、CDマガジン部の部品も取り付けます。

f:id:tomtom1ono:20201130200230j:plain

最後にCDトレイを組付ければ、終了です。

f:id:tomtom1ono:20201130200329j:plain

CDユニットが完成しました。
次回はCDユニットの動作を確認します。
上手く動作すると良いですね。
お楽しみに!

Tomの冬の準備 -その2-

こんばんは、Tomです。今朝はとても寒い朝で、底冷えがしました。また冬が近くなりました。昨日、冬タイヤの交換をして良かったです。
さて、今日の記事は、昨日に引き続き冬の準備の話です。
Tomは、今年の冬に倒木の始末をしなければなりません。そこで、木の始末をするために、30年前に購入し、最近使用していなかったチェーンソーのメンテナンスを行います。

1.30年経過したチェーンソー
これが30年前のチェーンソーです。

f:id:tomtom1ono:20201129204413j:plain

刃はもう限界で、ガイドバーは曲がっています。

f:id:tomtom1ono:20201129204514j:plain

エンジンは始動するのでしょうか?

2.エンジンの始動
それでは、早速エンジンを始動してみます。
まずは、燃料を入れます。

f:id:tomtom1ono:20201129204758j:plain

f:id:tomtom1ono:20201129204817j:plain

そしてエンジンを始動します。
長年使用していなかったので、なかなかエンジンが掛かりません。

f:id:tomtom1ono:20201129205209j:plain

でも、なんどかトライしているとエンジンが掛かるようになりました。
良かった~。

f:id:tomtom1ono:20201129205229j:plain

3. チェーンソーのメンテナンス
チェーンソーのエンジンが掛かるようになりましたので、今度はチェーンソーのメンテナンスを行います。

1)交換部品
今回交換するのは、チェーンソーのガイドバーとソーチェーン(刃)です。

f:id:tomtom1ono:20201129205710j:plain

f:id:tomtom1ono:20201129205730j:plain

f:id:tomtom1ono:20201129205748j:plain

2)古いガイドバーと刃の除去
まず、曲がったガイドバーと刃を取り外します。

f:id:tomtom1ono:20201129210108j:plain

f:id:tomtom1ono:20201129210135j:plain

f:id:tomtom1ono:20201129210203j:plain

3)清掃
チェーンソーのガイドバーと刃を取り外した後、オイルでベトベトに付着した切り粉を取り除きます。

f:id:tomtom1ono:20201129210424j:plain

f:id:tomtom1ono:20201129210455j:plain

それなりに綺麗になりました。

4.ガイドバーと刃の取り付け
新しいガイドバーとソーチェーン(刃)を取り付けます。取り付けの刃の方向は、箱に書いていました。

f:id:tomtom1ono:20201129210630j:plain

f:id:tomtom1ono:20201129210807j:plain

f:id:tomtom1ono:20201129210837j:plain

f:id:tomtom1ono:20201129210901j:plain

5.チェーンオイルの充填
最後にチェーンオイルを充填して、動作を確認します。

f:id:tomtom1ono:20201129210927j:plain

f:id:tomtom1ono:20201129211043j:plain

エンジンをかけると、今度は一発でエンジンが掛かりました。
そして、スロットルをあげるとスムーズにソーチェーンが回転しました。
OKです。

f:id:tomtom1ono:20201129212359j:plain

これで、冬の倒木の後始末の準備が出来ました。
冬の活動が楽しみです。

Tomの冬の準備 -その1-

こんばんは、Tomです。今日は週末の土曜日。今日の気温はかなり寒くなるという予報でしたが、Tomの町は天気も良く、それなりの気温でした。良かったです!
さて、今日の話題は冬の準備の話です。宮城県は今週寒くなりましたので、そろそろ冬タイヤへの交換が必要な時期になってきました。でもTomのFITはすでにタイヤ交換していますし、軽トラックは、万年冬タイヤです。ですので、今日のタイヤ交換はカミさんのシャトルのみです。

1.段取り
1)冬タイヤの設置
まずは、冬タイヤを今回履き替える場所に並べます。この段取りが大事なんです。

f:id:tomtom1ono:20201128193902j:plain

2)交換ラベルの準備
そして、タイヤを交換した時に貼るポジションのラベルです。

f:id:tomtom1ono:20201128194054j:plain

3)エアコンプレッサーの準備
f:id:tomtom1ono:20201128194227j:plain

2.タイヤ交換
段取りが出来たので、いよいよタイヤの交換です。
フロアジャッキでジャッキアップしインパクトレンチでタイヤを交換します。

f:id:tomtom1ono:20201128194358j:plain

f:id:tomtom1ono:20201128194416j:plain

f:id:tomtom1ono:20201128194441j:plain

段取りが出来ているし、インパクトレンチを使用しますので、4本タイヤの交換は約10分。あっという間です。

最後にクロスレンチで増し締めをすれはOKです。

f:id:tomtom1ono:20201128195122j:plain

3.空気圧調整
タイヤを交換したら、次は空気圧の調整です。約半年間保管していたのでタイヤの空気圧は当然下がっています。
それを既定の2.2Kgの調整します。

f:id:tomtom1ono:20201128194651j:plain

f:id:tomtom1ono:20201128195009j:plain

4.タイヤの保管の縦鼻
タイヤの交換が終わりましたのでタイヤの保管の準備を行います。

1)次回のポジションシールを張り付ける。
f:id:tomtom1ono:20201128195527j:plain

2)タイヤの洗浄
そして、取り出したタイヤを洗浄します。
タイヤとホィールを洗浄します。今までは、マジックリンを使用していましたが、ホームセンターオリジナルブランで、マジックリンの1/3の価格で購入できます。Tomが思うに、これは殆どマジックリンですね。

f:id:tomtom1ono:20201107095456j:plain

f:id:tomtom1ono:20201128195628j:plain

これをマジックリンのスプレーに入れて使用します。


これをタイヤとホイールに吹きかけて暫くすると、汚れが落ちてきます。そこでブラシでこするととても綺麗になります。

f:id:tomtom1ono:20201128200654j:plain

f:id:tomtom1ono:20201128200719j:plain

f:id:tomtom1ono:20201128200755j:plain

f:id:tomtom1ono:20201128200820j:plain

3)乾燥
あとは天日干しをすれば完了です。

f:id:tomtom1ono:20201128200917j:plain

こうすることで、次回のタイヤ交換の時は、気持ちよく交換できます。

これで、今年の冬タイヤの交換は終了です。
何時雪が降っても大丈夫ですね。
今年は雪が多いかもしれません。

AIWA MD/CDミニコンポ XR-MD500の修理 -その2-

こんばんは、Tomです。今日は朝から曇り空、そして出勤時の外気温は6℃で、ちょっと寒々しかったです。明日は更に寒くなります。明日は冬タイヤへの交換ですね。
さて、今日の記事も昨日に引き続き修理ライフの記事で、AIWA MD/CDミニコンポ XR-MD500の修理 -その2-となります。
昨日の記事は本体をバラし、CDユニットを取り出した所まででした。今日はその続きです。

f:id:tomtom1ono:20201127194314j:plain

1.CDの救出
まずは、CDチェンジャーから3枚のCDを救出します。

1)CDメイントレイの取り外し
まずはCDのメイントレイを取り外します。

f:id:tomtom1ono:20201127194255j:plain

2)CDチェンジャーから3枚のCDを救出
次にCDチェンジャーから3枚のCDを救出します。
上下移動のモーターと左右移動のモーターのギアを手で動かして、CDを1枚づつ取り出します。

①1枚目
f:id:tomtom1ono:20201127194543j:plain

f:id:tomtom1ono:20201127194559j:plain

②2枚目
f:id:tomtom1ono:20201127194652j:plain

③3枚目
f:id:tomtom1ono:20201127194719j:plain

3枚のCDは無事取り出せました。

3.CDメカへのバラシ
次に、チェンジャートレイをばらして、上下移動、左右移動のモーターまでアプローチします。

f:id:tomtom1ono:20201127194929j:plain

f:id:tomtom1ono:20201127194947j:plain

これでモーターまでアプローチ出来ました。

f:id:tomtom1ono:20201127195031j:plain

4.ドライブベルトの交換
左右移動のモーターのベルトは約1.5倍に伸びて、プーリーから外れていました。

1)ベルトの取り出し
f:id:tomtom1ono:20201127195352j:plain

f:id:tomtom1ono:20201127195412j:plain

2)ベルトの取り付け
Tomが在庫で持っているゴムベルトです。いろいろなサイズが入って1セットなのですが、使用するサイズはだいたい決まっているので、合うベルトがあるかどうかが心配ですね。

f:id:tomtom1ono:20201127195609j:plain

でも、運よくちょうど良いベルトが一本だけありました。助かった~。

[f:id:tomtom1ono:20201127195657j:plain

3)ベルトの取り付け
後はベルトを取り付けるだけです。
これでベルト交換は完了”です。

f:id:tomtom1ono:20201127195749j:plain

5.組付け
ベルトの交換を行ったので、後は、組付けて動作確認します。

f:id:tomtom1ono:20201127200228j:plain

f:id:tomtom1ono:20201127200257j:plain

f:id:tomtom1ono:20201127200315j:plain

6.動作確認
それでは動作を確認します。

f:id:tomtom1ono:20201127200401j:plain

毎回組付けて動作を確認するのが大変ですので、ひっくり返りて、CDユニットのハーネスを取り付けただけで確認できるように段取りします。

f:id:tomtom1ono:20201127200522j:plain

上下、左右の動作はするのですが、EREV.ERRORになります。

f:id:tomtom1ono:20201127200831j:plain

今回はここ迄です。
次回からトレイユニットの不具合を解析します。
お楽しみに!

AIWA MD/CDミニコンポ XR-MD500の修理 -その1-

こんばんは、Tomです。今日は朝から曇り空。寒い朝でした。そして日中も余り気温が上がらず、パッとしない天気でしたね。これから週末は更に寒くなるそうです。
さて、今日はTomの修理ライフの記事です。
無線のお友達のKumaさんからAIWAのMD/CD ミニコンポ XR-MD500の修理の依頼がありました。今日はその1です。

1.XR-MD500の故障の症状
このミニコンポは、3連奏のCD、3連奏のMD,そしてカセットユニットという豪華版です。

f:id:tomtom1ono:20201126205423j:plain

Kumaさんからの依頼内容は、CDが出てこなくなったので、CDユニットを修理してほしいという事でした。

2.動作確認
それでは、電源を入れて動作を確認してみます。

1)電源ON!
それでは電源を入れます。
電源は無事に入りました。

f:id:tomtom1ono:20201126205605j:plain

2)CDモードスイッチを入れる
次にCDモードスイッチを押下します。

f:id:tomtom1ono:20201126205746j:plain

するとTRAY ERRORの文字が表示され、その後は動きません。

f:id:tomtom1ono:20201126205832j:plain

その後何度かいじってみましたが、全くダメです。

f:id:tomtom1ono:20201126205918j:plain

f:id:tomtom1ono:20201126205939j:plain

3.バラシ
それでは、ミニコンポをバラします。これまでTomはミニコンポの修理を何度か行いましたが、ミニコンポの修理はばらすのがとても大変です。そしてCDユニットはミニコンポの一番下に配置されているため、最後までバラさらいといけないのです。

1)外装カバーのバラシ
f:id:tomtom1ono:20201126210449j:plain

f:id:tomtom1ono:20201126210529j:plain

f:id:tomtom1ono:20201126210948j:plain

f:id:tomtom1ono:20201126211033j:plain

2)思わぬところにビスあり

色々ばらしてみましたが、これ以上ビスが見当たりません。

f:id:tomtom1ono:20201126211317j:plain

3)隠しビスがあった。
事例上進めないのは残念ですが、いろいろ調べてみると、カセットの方に隠しビスがありました。

f:id:tomtom1ono:20201126211620j:plain

4)フロントパネルの外し
隠しビスをはずすと、フロントパネルが外れました。

f:id:tomtom1ono:20201126212010j:plain

5)チューナーユニットのバラシ

まずはチューナーユニットをバラします。

f:id:tomtom1ono:20201126212333j:plain

6)カセットユニットのバラシ
次にカセットユニットのバラシですが、これはいったんメインボードを外さないといけません。

f:id:tomtom1ono:20201126212701j:plain

f:id:tomtom1ono:20201126212934j:plain

f:id:tomtom1ono:20201126213022j:plain

7)電源ユニットのバラシ
f:id:tomtom1ono:20201126213117j:plain

f:id:tomtom1ono:20201126213158j:plain

f:id:tomtom1ono:20201126213220j:plain

f:id:tomtom1ono:20201126213252j:plain

8)MDユニットのバラシ
f:id:tomtom1ono:20201126213410j:plain

f:id:tomtom1ono:20201126213434j:plain

9)CDユニットのバラシ
f:id:tomtom1ono:20201126213507j:plain

f:id:tomtom1ono:20201126213533j:plain

f:id:tomtom1ono:20201126213552j:plain

また意表を突く場所にビスがありますね。

f:id:tomtom1ono:20201126213613j:plain

f:id:tomtom1ono:20201126213631j:plain

これで、CDユニットを取り出すことが出来ました。
次回は、CDユニット自体をバラします。
お楽しみに!

イノシシ除けの電気柵の修理

こんばんは、Tomです。先週の暖かさから一転し、今日は結構寒くなりました。太陽が出ないだけでこんなに寒くなるのか?という朝でした。今週末はおそらく今年一番の寒さとなるかもしれません。
さて、今日の話題は畑のイノシシ除けの電気柵の修理の記事です。
昨年の台風19号で、電気柵のバッテリーと太陽光のレギュレータが水没しました。
その後、今年の春にバッテリーとレギュレータを購入し、今度は水没しないように不要になったクーラーボックスに収納して一段落していました。

f:id:tomtom1ono:20201031145655j:plain

1.久しぶりの動作確認
今年の春から秋までの間働いてくれた電気柵ですが、最近本当に動いているのだろうか?という疑問が沸きました。
たまにはチェックしないとねと思い、先日電気柵のチェックを行った所、全然働いていないではないですか?

f:id:tomtom1ono:20201031145701j:plain

これは一大事です。そこで、久しぶりにクーラーボックスを開けてみました。すると・・・・・
あ~れ~!
クーラーBOXの中に半分くらいの水が溜まっていました。
そして、レギュレータは水没し、バッテリーは漏水して再起不能になりました。

f:id:tomtom1ono:20201125211426j:plain

f:id:tomtom1ono:20201125211443j:plain

台風19号で被害を受けたので、水没してもクーラーBOXなら浮いて助かると思っていたのですが、横殴りの雨でクーラーBOXに水が入り込み、今度は水が抜けなくて、クーラーBOXに水が溜まり、水没したのでした。
何という事でしょうか。

2.バッテリーとレギュレータを購入
致した方無いので、Amazonでバッテリーとレギュレータを購入しました。
バッテリーはBOSHの60Ahで4200円、そしてレギュレータは1300円です。

f:id:tomtom1ono:20201125212056j:plain

3.配線と設置
配線をして設置ます。

1)設置
設置を行う上で、水はけが大事であることが今回の教訓です。
そこで、地面との間に育苗箱と2枚敷き、そしてクーラーBOXの底の栓も外しました。

f:id:tomtom1ono:20201125212445j:plain

f:id:tomtom1ono:20201125212500j:plain

2)配線
それでは配線を行います。

f:id:tomtom1ono:20201125212206j:plain

f:id:tomtom1ono:20201125212225j:plain

ところが、レギュレータのROADボタンが動作せず電気柵の装置に電源が供給されません。
ダメだこりゃ!やっぱ中国製です。

3.レギュレータを交換して再設置
致し方ないので、動作しないレギュレータは返品し、依然と同じレギュレータを注文しました。

f:id:tomtom1ono:20201125212803j:plain

配線します。

f:id:tomtom1ono:20201125212843j:plain

f:id:tomtom1ono:20201125212903j:plain

f:id:tomtom1ono:20201125212924j:plain

4.動作確認
それでは動作確認します。

電柵のマシンの電源をONします。

f:id:tomtom1ono:20201125213045j:plain

ちゃんと電源が入りました。
電気柵の電圧を確認します。

f:id:tomtom1ono:20201125213157j:plain

大丈夫です。きちんと動作していますね。

5.今後の対策
動作が確認出来ましたので、今後の対策を行います。

1)水が入らない電源コードの配回し
電源コードを長めにして電源コードからクーラーに水が入らないようにします。

f:id:tomtom1ono:20201125213505j:plain

2)屋根を付ける
クーラーBOXの保護と雨対策の為に、クーラーBOXの上にコンパネの屋根を取り付けました。

f:id:tomtom1ono:20201125213808j:plain

3)夜間モードにして終了
これで、冬の間の電気柵は完璧ですね。
最後に電気柵のモードを夜間モードにして終了です。

f:id:tomtom1ono:20201125213944j:plain

これで暫くはイノシシの被害は免れると思います。
冬野菜は安心ですね。
良かった~。