KENWOOD オールモード機 TM-255/TM-455のメンテナンス

こんばんは、Tomです。今日の午前中は良い天気でしたが、午後は一変して曇り空です。明日以降は天気が崩れ、寒くなるそうです。秋が深まりますね。
さて、今日の記事は、久しぶりに無線機の修理の記事です。先週末、毎朝QSOをしているお友達のKumaさんから、KENWOODオールモード機のメンテナンスの依頼がありました。そこで昨日の日曜日の夕方、約1時間でメンテナンスをおこないました。
メンテナンスのポイントは操作パネルユニットの電解コンデンサの交換。そして、パネルのボタンのストッパー交換です。

1.メンテナンス依頼を受けた無線機
これが、Kumaさんからメンテナンス依頼を受けたKENWOODオールモード機TM-255、TM455です。TM-255はTomも保有して使用していますが、おおよそ30年前の無線機です。この無線機の問題点は、操作パネルの基板上のチップ電解コンデンサが液漏れし、基板を傷めたり、電源が入らなくなのです。それから、操作パネル上のプッシュスイッチのストッパーがスポンジなので、経年劣化でボロボロになり、スイッチのツマミが取れてしまう事です。今回はこの2点をメンテナンスします。

1)2mオールモード機:TM-255

2)430MHzオールモード機:TM-455

どちらも、故障はしておりませんが、今後の事を考えてメンテナンスします。

2.バラシ
それでは、早速ばらします

1)TM-255のパネルのバラシ

これが問題のチップ電解コンデンサです。まだ、液漏れはしてませんが、時間の問題ですね。

2)TM-455の操作パネルのバラシ
続いて、TM-455の操作パネルを同じようにばらしました。
TM-455の基板は、設計変更されていました。

3.電解コンデンサの交換
TM-255の操作パネルの4.7μFの電解コンデンサを交換します。

これで、TM-255の電解コンデンサの液漏れの心配はなくなりました。
一方、TM-455の方は、既に設計変更されているので、メンテナンスは不要です。

4.スイッチのキートップのストッパーのメンテナンス
TM-255の操作パネルユニットの電解コンデンサのメンテナンスをしている間、キートップがポロリと落ちました。やっぱりね。

そこで、操作パネルをされにばらし、キートップのストッパを変更します。

1)パネルのさらなるバラシ


2)キートップの固定
修理中にキートップが落ちて無くならないように、セロテープで固定します。

3)スポンジは経年劣化していた
ストッパーのスポンジはやはり30年の経年劣化でボロボロになっていました。

ボロボロになったスポンジを全て除去しました。

4)ストッパの設置
以前は、キートップのストッパーに同じ様にスポンジを使用していたのですが、ある時から、薄いゴムに変更しました。

しかも、型紙も付けていましたので、クロスする場所にカッターの刃を入れればOKです。

これで、経年化しないですね。

5.組付けと洗浄
それでは、組付けと洗浄を行います。

6.TM-455のパネルのストッパ交換
TM-455のキートップのストッパも確認します。

やっぱり駄目ですね。これも交換します。

こちらも洗浄して綺麗にしました。

7.本体の洗浄と組付けと採取確認
本体も洗浄して仕上げます。

1)洗浄と組付け

2)最終確認
最後に電源を入れて最終確認を行います。

① TM-255

② TM-455

これでOKですね。
約1時間のメンテナンスでしたが、これで、後10年間は問題なく使用出来ると思います。
本体も新品の様にピカピカにしましたので、末永くご使用ください。

昨日は芝刈り、そして今日は草刈り!

こんばんは、Tomです。今日も一日とても良い天気でした。まさに秋の行楽日和でした。でも、この天気は明日迄で、火曜日から天気がくずれるそうです。残念ですね。
さて、昨日は今日と同じ秋晴れで、その中で久しぶりにゴルフを楽しみました。
ホントは苦しかったけど(笑)。
そして、今日はクラブを刈り払い機に替えて、カミさんと畑の草刈りとカブの定植を行いました。今日はその内容をレポートします。

1.今日の畑仕事のメニュー
今日の畑仕事のメニューは、Tomとカミさんがそれぞれ分担して行います。
Tomは、お彼岸前に畑の草刈りを行いましたが、その後忙しくて畑に行けなかったので、畑の草刈りを行います。

そして、カミさんは、小カブの定植を行います。

2.畑に到着!ア~~レ~~!
畑に到着しました。
お彼岸前に草刈りをしたのに、草がこんなに伸びてしまいました。

3.畑の周りの草刈り
まずは、ハンマーナイフで、畑の周りの草刈りを行います。

4.畑の中の草刈り
続いて、畑の中の草刈りです。

畑の中は、ワイヤーの仮払い機で草を刈ります。

畝間はワイヤの刃を使用し、且つ、土埃が散らばらないように、スロットルを下げて刈り込みます。

① 大根と白菜の畝間

② 白菜とネギの畝間

③ 大根とネギの畝間

④ ネギの畝間

⑤ 周辺

⑥ 大根の畝間

5.小かぶの定植
Tomが草刈りをしている間、カミさんは小かぶの定植を行っていました。

6.一服
仕事が一段落したので、ここで一服です。

今日のおやつは、凍らせた甘酒とフルーツゼリーです。

この甘酒は、なんと一ノ蔵の甘酒です。乾いた喉には、これがとても染みますね~。

まだ元気が出てきました。

7.後半の草刈り
後半の半分はハマー君で草刈りを行います。

8.畑の北側の空き地の草刈り
最後に畑の北側の草刈りを行います。

お彼岸前に畑のメンテナンスをした時、まだ大丈夫かな?と思っていましたが、なんとこんなに伸びていました。

Tomが空き地の草刈りを行っている間、カミさんは白菜の消毒を行っていました。

約45分で、空き地の草刈りが終了しました。

9.終了
これで畑の草刈りと、小かぶの定植が終わりました。
これで、暫くは安泰ですね。



次回は玉ねぎの定植の準備です。
お楽しみに!

今日は腰痛の中でのゴルフラウンド

こんばんは、Tomです。今日は昨日に引き続き、ほぼ雲一つない見事な秋晴れでした。しかも最高気温は25℃と暑くもなく寒くもなくベストコンディションでした。
さて、この様なベストコンディションの天候の中、今日はいつものメンバーでゴルフを楽しみました。実はTom、2週間前に突然ぎっくり腰になり、今週の木曜日迄コルセットをしていました。でも、昨日の午後に少し良くなったので、今回は休まず参加することにしました。天候はベストコンディションでしたが、Tomの体は最悪のコンディションで、ボロボロの一日でした。

1.今日のパーティーメンバー
今日のパーティーメンバーは、いつものメンバーで、Takaさん、Wataさん、そしてTomです。今回はSugaさんは別件のゴルフがあり不参加です。

場所はホームグラウンドの宮城野GCです。

2.フロントナイン
今日のフロントナインは、INからのスタートでしたが、2番、3番の池越えで、ドライバーが全く当たらず、OBを連発。
ぎっくり腰で、体の軸がおかしくなっています。

でも、ほぼ雲一つないとても良い天気なので、それだけが救いでした。海もうっすら見えました。

とにかく今日はスコアを考えず、スイングのリハビリに務めようとしたフロントナインでした。

3.お楽しみのランチ
さて、苦しいフロントナインの後は、お楽しみのランチタイムです。
Tomはいつもの『カツカレー』と注文使用すると、なんとメニューからカツカレーが消えています。ハンバーグカレーととんかつ定食はあるのに、なんでカツカレーがないの~?
という事で、受付のお姉さんに『カツカレーは無くなったのですか?』と訊いたら、『カツカレーは出来ますよ~。』と言ってくれたので、無事カツカレーを注文。良かった~!

ここのカツカレーは絶品です!

4.バックナイン
さて、バックナインです。バックナインの途中からスイングをつかみ始めたのですが、今度は、アプローチの距離が合わず、グリーンをオーバーしてしまう事がたびたびあり、スコアはまたぼろぼろ。

そして、後半は、腰痛で足腰がガタガタになり、何とか根性でラウンドを終えました。

まあ、今回は耐え忍ぶ一日でした。
お天気は最高だったのですが、体が最悪なので致し方ないですね。
11月のラウンドまで、腰を治しておきたいと思います。
次回のラウンドは何とかしたいですね。

黄色スズメバチの巣を退治して頂きました。

こんばんは、Tomです。今日は昨日に引き続きとても良い天気でした。明日は週末の土曜日で、2カ月振りのゴルフラウンドです。この天気明日も続くそうですのでとても楽しみですね。
さて、今週はプリアンプの修理の記事が続きましたので、修理やオーディオに興味のない方には退屈な日々だったと思います。そこで、今回は全く違った話題です。
実は、Tom家の蔵の軒下と生け垣の中に、黄色スズメバチが巣を作りました。最初はハンドボールくらいの大きさでしたが、日増しに大きくなり、ついにバスケットボールくらい迄大きくなりました。
とても危ないので、先日ハチ駆除の専門家にお願いし、ハチの巣を駆除して頂きました。今日はその華麗な駆除作業をレポートします。

1.今年突然出来た黄色スズメバチの巣
夏も過ぎたころ、Tom家の蔵の軒下に、大きなハチの巣が出来ました。それが日増しに大きなって来ました。ハンドボールサイズが一週間でバレーボールに、そしてまた一週間経過すると、バスケットボールサイズに成長しました。
『黄色スズメバチ』は宮城県では『カメバチ』とも言われますが、カメバチとは瓶の様な大きな巣を作るところから名付けられています。そして、このハチはとても獰猛なハチなので刺されると大変です。

また、先週植木屋さんに植木の剪定をして頂いたのですが、ドウダンの生け垣を剪定をしていた時にハチに刺されてしまいました。なんとドウダンの生け垣にも黄色スズメバチの巣があったのです。

2.蔵の軒のハチの巣の駆除
まずは、蔵の軒下のハチの巣の駆除です。
Tomはハチに刺されないように、二階の窓から駆除の様子を撮影しました。

華麗ですね~。あっという間にバスケットボールサイズのハチの巣を駆除してくれました。

3.ドウダンの生け垣のハチの巣の駆除
続いてドウダンの生け垣の中のハチの巣の駆除です。

こちらもあっという間に駆除して頂きました。

一連のハチの駆除作業がなんと一時間もかからず終了しました。
流石、ハチのバスターですね。
これで安心して、暮らせますね。
ありがとうございました。

アキュフェーズ プリアンプ C-200Xの修理 ーその4ー

こんばんは、Tomです。今日は一日中晴れ!まさに気持ちの良い秋晴れでした。明日から週末まではずーっと晴れの様です。嬉しいですね。
さて、今日の話題は、またまた『アキュフェーズ プリアンプ C-200Xの修理』で、いよいよその4になります。
前回は、コネクタやセレクタの接点を洗浄しました。今回はアンプユニットの基板上の電解コンデンサを交換します。電源の電解コンデンサは、一応容量が抜けるとリップルが多くなりますので、多少はハム音に効くとは思いますが、それよりは、電解コンデンサは生ものなので、今後の事も考えハム音あるなしにかかわらず交換します。

1.フラットアンプの電源ラインの電解コンデンサの取り出し
まずはフラットアンプの電解コンデンサを交換します。

それでは、電源ラインの1000μFの電解コンデンサを取り出します。

容量を確認すると、750μになっています。

2.イコライザアンプの電解コンデンサの取り出し
イコライザアンプの電源のコンデンサは680μFです。

こちらは、640μFくらい迄しか下がっていません。

3.新しい電解コンデンサの取り付け
さて、取り出した1000μF、680μFの電解コンデンサに対し、2200μF50V の電解コンデンサを半田付けします。

1)フラットアンプ基板

2)イコライザアンプ基板

3)ヘッドアンプ基板
2200μFはもう品切れなので、ヘッドアンプは、手持ちの1000μF35V を使用します。

4.22μFの無極性電解コンデンサの交換
後は、フラットアンプとイコライザアンプの無極性電解コンデンサを交換します。

ミューズの無極性の電解コンデンサに交換します。

これで、アンプ基板の電解コンデンサは全て交換しました。



これで、まず基本となるメンテナンスは終了です。
これから、いよいよハム音の対策を行って行きます。
ハム音はボリュームを上げるとかすかに出てくるので、フラットアンプ事態ではなく、フラットアンプ迄の経路のGNDの浮きの様に思えます。
次回は、それを追いかけて行きます。
お楽しみに!

アキュフェーズ プリアンプ C-200Xの修理 ーその3ー

こんばんは、Tomです。今日の天気は、午前中が晴れでとても良い天気でした。でも午後は曇り空です。今週はずーっと晴れたり曇ったりの天気ですね。
さて、今日の記事も昨日に引き続き『アキュフェーズ プリアンプ C-200Xの修理』で今日はその3です。
前回は、C-200Xをバラし、中を確認しました。今回は、まず、スイッチやコネクタなどの接点を洗浄します。

1.リアパネルのRCAコネクタの洗浄
それでは、まずリアパネルのRCAコネクタの洗浄を行います。
これがリアパネルです。

ムムム!なんだこれは?

本当に修理不可能なのだろうか?それなら、さらに修理に燃えちゃいますね。頑張るぞー!

1)RCAコネクタの外側の洗浄

2)RCAコネクタの内側の洗浄

2.セレクタ―の接点洗浄
それでは、アンプの中の接点を洗浄します。

1)セレクタ洗浄

2)モードスイッチの洗浄

3)TAPE COPYセレクタ

4)TAPE モニタセレクタ

5)トーンスイッチ

3.基板のカードエッジコネクタの洗浄
最後にカードエッジコネクタの洗浄を行います。

1)アンプ基板を抜き取る

2)カードエッジコネクタの洗浄

3)アンプ基板の接点の洗浄


これで、C-200Xのほとんどの接点とコネクタの接点の洗浄が終了しました。
まずは接点不良は解消ですね。
次回は、電解コンデンサの交換です。
お楽しみに!

アキュフェーズ プリアンプ C-200Xの修理 ーその2ー

こんばんは、Tomです。今日の天気は、午前中は晴れて、とても良い天気で気持ちの良い日でした。でも、午後は急に曇り、時折雨もぱらつきました。まるで女心と秋の空という感じですね。
さて、今日の記事は、昨日に引き続き、『アキュフェーズ プリアンプ C-200Xの修理』の記事で、今回はその2となります。前回は、全ての端子とファンクションに関して動作を確認しました。動作は、OKですがやはり頂いたかたからのメッセージ通り、ボリュームを上げると片チャンネルからハム音が出ていました。
今回は、C-200Xのケースの天板をバラし、中を確認してみます。

1.天板をばらす
さあ、C-200Xをバラして中を確認してみましょう!

天板の下は、こんな感じです。

あれ?電解コンデンサの被覆が弛んでる。既に怪しい感じです。

2.PSUのシールド天板をばらす
次に電源ユニット(以降PSUと省略)の天板をバラします。

電源もきちんとしていますね。まさに高級品です。

3.スイッチ部のシールド板をばらす
フロント側のスイッチやボリュームユニットのシールド板をバラします。

これで、全ての天板を取り外しました。

4.アンプユニット
アンプユニットは全てカードエッジコネクタを使用しています。この時代でPCで使用していたカードエッジコネクタをオーディオに使用したのは、アキュフェーズくらいなのではないでしょうか?

一番右からMCヘッドアンプ基板1枚、次がイコライザ基板(2枚)、最後にフラットアンプ基板2枚です。

1)フラットアンプ基板
まずは一番左のフラットアンプを取り出してみます。

基板は片面紙フェノール基板かな?

ハンダ面は割と綺麗です。

部品面は、全ての基板の電源パターンには、1000μFの電解コンデンサが付いています。

2枚目も見てみます。

こちらは、電解コンデンサの絶縁フィルムが落ちています。

なんとなく、容量抜けが発生している気配がしますね。

オペアンプJRCの4559です。

2)イコライザ基板
次にイコライザ基板です。

イコライザ基板にはトランジスタの放熱板が付いており、この放熱板がシャーシーに固定されています。

こちらもには680μFの電解コンデンサが2個ついています。

OPアンプはこちらも4559です。

2枚目のイコライザ基板を取り外してみます。

3)MCヘッドアンプ
最後はMCヘッドアンプの基板です。こちらは1枚でLRとなります。

こちらのOPアンプも4559です。

これで、各アンプの基板の確認は終了です。
次回は、スイッチ、コネクタなどの接点を洗浄します。
お楽しみに!