AMCRON(CROWN)のメインアンプ D-75の修理 ーその5ー

こんばんは、Tomです。今朝は積雪がありましたが、積雪は1~2cmでしたので、ちょっとの間雪かきをして終了でした。そして朝から晴天でしたので、雪もすぐに解けました。助かりました~。
さて、今日の記事は『AMCRON(CROWN)のメインアンプ D-75の修理』の記事に戻ります。前回で、LRのスピーカー出力が出る様になりました。しかし、問題点はまだありますので、さらに修理を行います。

1.まだ残っている問題点
前回で問題が解決したと思いましたが、先日修理したD-45Aと比較してまだ問題点が2つある事が判りました。

1)-35Vの放電時間が長い
電源OFF後、-35Vの放電時間が+35Vと比較して2倍以上の時間が掛かります。

2)右側の出力が歪んでいる
折角左右の出力が同じくらい出る様になったのですが、右側のスピーカー出力の音が歪んでいます。

2.電解コンデンサの取り外し
一つ目の問題点をクリアするために、電源平滑コンデンサを交換します。

1)平滑コンデンサ
まずはこの22000μFの電解コンデンサを取り出します。

2)ボトムカバーのバラシ

電解コンデンサはアルミの固定板についており、そこには1μFのフィルムコンデンサもパラでついています。

3)電解コンデンサのバラシ

4)電解コンデンサの容量確認
電解コンデンサの容量を確認します。

①1つ目

1つ目は20000μFです、

②2つ目

2つ目も20000μFでしたので、容量は問題ないです。

3.別の電解コンデンサの取り付け
それでは別の電解コンデンサを取り付けます。これは、譲って頂いた方から頂いたものです。
以前の取り付け方は、ちょっとリスキーなので、固定に取り付けず、圧着して加工します。

1)取り付けの準備
まずは電解コンデンサを取り付ける前に、前に取り付いていたフィルムコンデンサとアース棒を取り出します。

2)電解コンデンサにスリーブを圧着

3)電解コンデンサにGNGバーを圧着

4)電源ハーネスの取り付け
GNDの次に電源ハーネスを圧着します。

5)レイアウトの確認
配線が出来たらレイアウトを確認します。

これでは、電解コンデンサが収まりませんね。
この固定板は固定する機能は無くなったので、この固定板を加工する必要がありますね。

次回は固定板を加工し、電解コンデンサを収納します。
お楽しみに!

昨日は蕎麦の日!

こんばんは、Tomです。今日は、昨日に引き続き寒かったですね。雪は降りませんでしたが、一日中曇りで寒々しい天気でした。最低気温は-4℃、最高気温は1℃でした。寒いわけだ。夜は、また雪が降りました。余り積もらないと良いけど。
さて、今日は久しぶりに『蕎麦の日』の記事です。
本来であれば蕎麦の日は木曜日なのですが、昨日の積雪の記事はタイムリーに出さないといけないので、今日の蕎麦の日記事は一日遅れとなります。昨日はヘルシーに自然薯とワサビ大根で頂きました。この時期の蕎麦はとても美味しいですね。

1.昨日の蕎麦のスタイル
昨日は、いつもの様に夕方16:30からカミさんが蕎麦打ちに出かけました。Tomは在宅勤務を終えた後、蕎麦の薬味の準備に取り掛かりました。

1)自然薯
今日は、自然薯蕎麦にしますので、まずは自然薯をおろします。

自然薯を約半分すりおろしました。これだけあれば間に合うでしょう!

2)ワサビ大根
続いてワサビ大根です。
Tomはこれまで、辛み大根は知っていましたが、ワサビ大根というのは初めてでした。先日それを使用したので、その残りをすり下ろします。

皮をむいても、中まで緑色です。

これをすり下ろしました。

3)刻みのり
そして、刻み海苔です。そばに刻み海苔は欠かせませんね。

2.昨日の蕎麦
Tomが蕎麦の準備が終わったころ、カミさんが蕎麦打ちから帰ってきました。
さて、蕎麦の出来を確認しましょう!

カミさん曰く、今回の蕎麦は固めだし、うまくいったと言っていました。

流石に綺麗ですね。これで固めに仕上がっているとなると、期待できますね。
茹で上がりの蕎麦、色つやも良いです。

3.実食!
さて、いよいよ実食です。
美味しそうです!

まずは、自然薯を入れて頂きます。

期待した通り、歯ごたえバッチリ!、のどごしも良いです。
やっぱり、1月、2月の蕎麦はとても美味しいです。
もちろん今回の蕎麦の出来も良かったです!
まだ半分残っていますので、明日頂きましょう!
楽しみですね。

今日は今シーズン初の積雪でした。

こんばんは、Tomです。昨日から今日の午前中までの気温は、ずーっと氷点下でした。全国的な大寒波だから致し方ないですね。そして、今日は今年初の積雪でした。
でも、積雪はわずか3cmでしたので、朝6:30から雪かきをしました。
今日は今年初の雪かきの話です。

1.今日の積雪
今シーズン初の積雪でした、積雪はわずか3cmでしたので助かりました。

2.雪かき開始
それでは在宅勤務の前に早速雪かきをします。
積雪が3cmなので、今日の除雪器具は、簡単な器具で雪かきをします。

しかも、昨日からずーっと氷点下なので、雪はとても軽く除雪も楽に出来ます。

10分もしないでこの面積をクリア。

次は駐車場です。

駐車場は結構広いので、真ん中を一本雪かきします。

そして右半分と左半分をそれぞれ雪かきます。

3.駐車場の雪かき
それでは駐車場の雪かきします。

1)スロープ

2)右半分の雪かき

3)左半分の雪かき

4)北側の雪かき

4.雪かき終了

約30分で雪かき終了!



今日は晴天でしたので、日中は雪が融けてくれました。
今回の雪は少なくて良かったです。
でも、明日の夜もまた雪が降り出すと思います。
余り降らないと良いのですが。

AMCRON(CROWN)のメインアンプ D-75の修理 ーその4ー

こんばんは、Tomです。今日は本当に寒かったですね~。最低気温-6℃、そして、最高気温が-4℃というとんでもない気温でした。この気温、明日の午前10時まで氷点下が続きます。今夜も寒さ対策をして寝ます。
さて、今日の記事は『AMCRON(CROWN)のメインアンプ D-75の修理』に戻ります。今回はその4となります。
今回はいよいよ、故障個所の追求です。さて、どこがおかしいのでしょうか?

1.修理の方針の決定
さて、今回の修理の方針を決めます。

1)目視で左右のトランジスタが同じであることを確認する。
2)テスターを用いてトランジスタダイオードの生死を確認する。
3)オシロスコープで左右のOPアンプ、トランジスタ周辺の電圧を測定する。
4)入力の左右のOPアンプの交換実験を行う。
5)電源に近い方から左右のトランジスタの交換実験を行う。

2.目視で左右のトランジスタが同じか確認する。
さて、方針が決まったら方針通りに修理を開始します。
まずは、目視で左右のトランジスタが同じであるかどうかを確認します。

どうやら、前回のD-45Aとは異なり、左右のトランジスタは全て同じである様です。

3.テスターを用いて、全ての半導体トランジスタダイオード)の生死を確認する
次は方針の2に進みます。テスターを用いて、全ての半導体トランジスタダイオード)の生死を確認します。

大丈夫の様です。

4.オシロスコープでOPアンプとトランジスタ周辺の電圧を確認する
次は方針3でオシロスコープでOPアンプとトランジスタ周辺の電圧を確認します。

結果、左右のOPアンプの出力やトランジスタの電圧が異なっていました。

1)Ch1(正常側)

2)Ch2(異常側)

5.左右のOPアンプとトランジスタの交換実験を行う。
左右のOPアンプとトランジスタ周辺の電圧が異なる事が判りましたので、いよいよ左右のOPアンプとトランジスタを1つずつ交換実験して電圧を確認します。

1)OPアンプの交換
まずはOPアンプの交換実験を行います。

結果、交換してもOPアンプに現象はついて来ませんでした。ここではないですね。

2)トランジスタの交換実験
続いて+35Vに近い部分からトランジスタの交換実験を行います。

①Q118,Q208

ここは大丈夫です。

②Q107,Q207
次はペアのトランジスタのQ107.207の交換実験です。
Q107

Q207

あれ?これはトランジスタを包んでいる金属が違います。でも、包を開いてみると型番はちゃんとしています。

トランジスタを交換しても、変化はありませんでした。

なぜこんな電圧になるのだろうか?
Tomは何度も回路図とにらめっこし、この電圧になる原因を考えました。
すると、電解コンデンサがショートしているとその電圧になる事を発見!

電解コンデンサの半田面を確認すると、

①C121(正常側)

②C-221(異常側)
こちらのコンデンサの半田面の足がショートしていました。やったー!これですね。

この電解コンデンサのショートを除去したら、左右の電圧が正常になりました。

これでおそらくアンプは復活したと思います。
次回は、実際に音声を入力して、音を確認します。
お楽しみに!

革細工用ミシンのモーターユニットの修理ーその1ー

こんばんは、Tomです。今日は大寒波が近づき、日中もかなり寒くなりましたが、15:00~20:00迄雪が降るという予報でしたが、予報に反し、今のところ雪は降っていないようです。でも、外気は既に-4℃程になっており、今夜未明は―8℃まで下がる見込みです。皆さん、水道管は水抜きしましたか?
さて、昨日は、高校の同級生から依頼されたミシンの修理を行いましたが、残念ながら、スイッチング電源の故障でしたので、部品の入手も考慮し、修理を断念しました。そして今日は、会社の後輩のK君から依頼された、革細工用ミシンのモーターユニットの修理です。突然ミシンのモーターが動かなくなったそうです。さて、故障の状況でしょうか?

1.依頼を受けたミシンのモーターユニット
これが依頼を受けたミシンのモーターユニットです。

構成は、スイッチング電源、モータードライブユニット、ステッピングモーター、そしてフットスイッチです。

2.動作確認
それでは動作確認を行います。

1)電源を入れる
まずはフットスイッチを接続せずに、電源を入れます。
結果、コントローラはLEDが点灯しているので、電源部の故障ではないようです。

2)電源電圧を確認する
次にオシロスコープで電源電圧を測定します。

結果、電源はきちんと+24V 出ています。

3)フットスイッチを接続し始動を試みる
電源が問題ないので、フットスイッチを接続し、モーターを動かしてみたいと思います。
フットスイッチON!・・・・・・・ダメです。

モーターが少しギクッと音がして、ロックしています。
なんだか励磁状態でロックしている感じです。

3.バラシ
さあ、故障の症状が確認出来ましたので、ばらして行きます。

1)モーターの接続部のバラシ
ドライブユニットを見ると、どこにもプローブが入るスキがありません。

そこでステッピングモーターのコネクタの付け根をばらしてプローブが入るかどうかを確認します。

どうやら、モーターのハーネスの付け根も、プローブの入るスキがありません、

2)ドライブユニットのカバーのバラシ
今度はドライブユニットをばらします。

接続端子が邪魔でケースが開きません。

そこで接続端子を-ドライバーでこじります。

これでやっとカーバーが取れました。

でも、コネクタがカバーに引っかかります。
そこで、カバーの一部をニッパーに切断します。

これで、やっとコネクタも取り外すことが出来ました。

後はもう一度接続端子を取り付けます。

これで、オシロスコープのブローブを端子に当てることが出来るようになりました。

4.オシロスコープで端子の波形を確認する。
それでは、早速ドライブユニットの端子にオシロスコープを当て、端子電圧や波形を確認します。

結果、端子の状況はこんな感じになりました。



どうやら、駆動パルスが出ていない様です。
次回は、なぜ駆動パルスが出ていないかを確認します。
お楽しみに!

電動ミシンの修理

こんばんは、Tomです。今日は寒かったです。最低気温は、-4℃、日中の最高気温も1℃という気温の一日でした。在宅勤務をしていても、手がかじかんでしまい、致し方なくエアコンも入れてしましました。明日はもっと寒いそうです。
さて、今日の話は、修理ライフの話です。先日高校の同級生のS君からメールが入り、奥さんのミシンが突然壊れたので、修理してほしいという依頼を頂きました。実物を預かった時、既に新しいのを購入済みだそうで、急がなくともいいという事でしたので、お受けしました。その修理の話です。果たして、ミシンは復活するのでしょうか?

1.お預かりしたミシン
これが、お預かりしたミシンです。メーカーは蛇の目ですね。このミシン、まだそんなに使用していないのですが、突然動かなくなったそうです。

2.動作確認
早速動作確認です。
電源ON!・・・・・・・

何も起きないですね。これは、おそらく電源系統でしょう。

ヒューズが切れたくらいならいいのですが。

3.カバーのバラシ
それでは、早速ばらします。とにかく電源のヒューズにアクセス出来るところまでばらします。
ここの下に電源があればいいのですが・・・・・。

何もないですね。後はひたすらカバーをばらします。

ここ迄やって、やっと前後のカバーが2つに割れました。

でもまだまだです。

これでやっと前カバーがはずれました。でも、まだ基板のハーネスが邪魔をしています。

これを取り除いてやっと前カバーがはずれました。

4.電源ユニットをばらす
次は電源ユニットをばらします。

ここまでくれば電源基板へのアクセスは楽になると思ったのですが、電源ユニットのカバーの固定がまた複雑です。

なんと一度ユニットを取り出さないと、カバーを開ける事が出来ません。

やっと電源部のカバーが開きました。
スイッチング電源ですね。この中にヒューズがあるはずですね。ヒューズが切れているくらいならいいのですが。

5.電源の確認
1)ヒューズの確認
この基板のこの部分がヒューズですね。

これをテスターで確認します。

結果、ヒューズは切れていませんでした。

2)一次側の確認を行います。
次いで、スイッチング電源の一次側の確認を行います。

ブリッジ部の波形

ブリッジもOKの様です。

3)二次側の電圧
二次側の電源電圧を確認します。

二次側は0Vです。

どうやら、このスイッチング電源は発振していないようです。このスイッチング電源はチップ部品が多いのと特殊な部品が多いので、修理は困難ですね。ミシンの新品の価格は2万円位なので、電源のサービスパーツは5000円位だと思います。従ってこれはTomが修理するより、メーカーに出した方が良いと判断しました。

6.組付け
それでは、元に戻します。

元に戻りました。

今回の故障の原因はスイッチング電源が発振しないというものでした。
修理の為の部品も入手できないので、今回は残念ながら断念します。
たまにはこんなこともありますね。
S君、お力に慣れず申し訳ないです。

今日は春に向けての花壇のメンテナンス

こんばんは、Tomです。今日は結構寒くなりました。最低気温は―6℃、最高気温は3℃という寒さでした。でも、お天気だけは晴れで、それが救いでした。
さて、今日は久しぶりにガーデンライフの活動を行いました。今度の火曜日に大寒波が来るとの予報で、大雪が降るかもしれません。そこで、今日は雪が降る前に、カミさんと二人で花壇のメンテナンスを行いました。Tomは、花壇の通路のメンテナンスを、そしてカミさんは、バラの剪定とドウダンの生け垣の弦バラ除去を行いました。

1.花壇に梅が咲いた
今シーズンの冬は、割と暖かく、殆ど雪が降らず、1月だというのに先週から梅が咲き始めました。杏子も咲き始めました。

写真写りは悪いのですが、木のてっぺんに梅がちらほら咲いています。

2.花壇の通路
5年前、Tomはカミさんと花壇の通路に防草シートを貼り、再生チップ(パレットなどの破棄材料をチップにしたもの)を敷き詰めました。
しかし、2年後までは良かったのですが、3年以降から少しずつ再生チップが風化しはじめ、木製チップは段々土に変化してしまいました。その結果、折角防草シートを貼ったのにも関わらず、その上の風化した再生チップに草が蔓延るようになりました。これでは意味がありません。

3.通路の再生チップを取り除く
そこで今日は雪が降る前に、再生チップを取り除きます。
再生チップは既に土になり、今年は草が蔓延りましたので、土に根っこも張っています。

1)ナイロンワイヤーの刈払い機を使用する
この風化した再生チップの土を除去するために、ナイロンワイヤーの刈払い機を使用します。

蔓延った土もナイロンワイヤーなら綺麗に除去できます。その上、防草シートに傷が付きません。

2)土を取り除く
ナイロンワイヤーで粉々になった土をほうきで破棄、スコップですくって通路から除去します。

3.カミさんは、バラの剪定と弦バラの除去
Tomが通路の土を除去している間、カミさんはバラの剪定を行いました。

4.メンテナンス完了
本日、寒い中一日中花壇のメンテナンスを行いました。
その結果がこれです。

1)花壇の通路

2)バラと生け垣(ダウダン)の弦バラの除去

これで、花壇の通路は綺麗になりました。その後は、この通路に綺麗な砂利(庭に敷いているものと同じ)を敷き詰めます。
カミさんのバラは剪定されて、夏前にはとても綺麗な花が咲くでしょう。
楽しみです。