無線機のアンテナローテーターコントローラの修理

こんばんは、Tomです。昨日までは比較的暖かかったのですが、今日から急激に寒さが戻りました。寒の戻りですね。明日の朝も寒い様ですね。
さて、今日の話題は先週末に実施した無線機のアンテナを回転させるローテーターのコントローラの修理の記事です。

1.ローテータコントローラ
これがTomが修理の依頼を受けた無線のアンテナを回転させるローテータのコントローラです。
このコントローラの持ち主は、Tomの会社の先輩であり、長年のお友達のSaiさんです。先日の強い地震で落下した後、ウンともスンとも言わなくなったので、ちょっと見てほしいと依頼がありました。

f:id:tomtom1ono:20210224202751j:plain

2.動作確認
さて、どのような状態なのか確認します。
電源ON!

f:id:tomtom1ono:20210224203010j:plain

やはり、電源をいれても何の反応もないですね。

3.ヒューズ確認
まずは、ヒューズを確認します。

f:id:tomtom1ono:20210224203859j:plain

1)外観の確認
ヒューズを取り出し外観を確認しましたが、切れていない感じです。

f:id:tomtom1ono:20210224204047j:plain

2)テスターで確認
テスターで確認しましたが、ヒューズは切れていませんでした。

f:id:tomtom1ono:20210224212304j:plain

4.バラシ
それではバラシを開始します。

1)コネクターのバラシ
f:id:tomtom1ono:20210224204250j:plain

f:id:tomtom1ono:20210224204343j:plain

このコネクタを抜いた時、下のコネクタも同時に抜けました。もしかするとこれが原因かもしれません。

f:id:tomtom1ono:20210224204553j:plain

2)基板のブラケットのバラシ
f:id:tomtom1ono:20210224204645j:plain

f:id:tomtom1ono:20210224204746j:plain

基板のブラケットには、ブリッジとトランジスタらしきものが付いていました。

3)フロントパネルのバラシ
f:id:tomtom1ono:20210224205002j:plain

f:id:tomtom1ono:20210224205040j:plain

5.電源スイッチの動作確認
電源スイッチの動作を確認します。

f:id:tomtom1ono:20210224205212j:plain

大丈夫でした。

6.電源基板のヒューズの確認
コントロール基板の下に電源基板があり、そこにもヒューズがありました。
このヒューズの導通も確認します。

f:id:tomtom1ono:20210224205428j:plain

f:id:tomtom1ono:20210224205450j:plain

大丈夫です。

7.コントロール基板のバラシ
それでは、コントロールパネルパネル基板をばらします。

f:id:tomtom1ono:20210224205652j:plain

f:id:tomtom1ono:20210224205714j:plain

基板の表はシンプルです。

f:id:tomtom1ono:20210224205748j:plain

でも、裏側にはチップ部品がきちんとついています。

f:id:tomtom1ono:20210224205902j:plain

8.コントロール基板の動作を確認する
それではコントロール基板の電源や信号を確認します。

1)GNDパターンを見つける。
まずは、オシロで信号見るためにGNDパターンを見つけます。この基板のGNDパターンは難しいです。
ここにGND線を半田付けします。

f:id:tomtom1ono:20210224210028j:plain

2)電源の確認
三端子レギュレータを確認します。

f:id:tomtom1ono:20210224210911j:plain

f:id:tomtom1ono:20210224211510j:plain

大丈夫ですね。

f:id:tomtom1ono:20210224211020j:plain

f:id:tomtom1ono:20210224211545j:plain

3)クロックの確認
ICのクロックも確認してみます。

f:id:tomtom1ono:20210224211114j:plain

f:id:tomtom1ono:20210224211610j:plain

どうやら大丈夫の様です。
となるともしかすると、先ほどのコネクタが、地震の落下で外れた可能性があります。
一度組み立て、Saiさんに返却して動作を確認してもらいます。
これなら説明が付きます。

こちらも大丈夫です。

JBL 2402のエンクロジャーの製作

こんばんは、Tomです。今日の午前中は昨日に引き続きとても暖かい日でした。でも、午後は風がとても強くなり、風が冷たい日でした。明日の朝はとても寒くなると思います。
今日の午前中は地震の被害検証の来客対応で終了しました。
そこで、この飛び石連休の最終日の午後は、JBLの2402のエンクロジャーの製作を行いました。

f:id:tomtom1ono:20210223194547j:plain

1.フロントパネルの切り出し
まずはフロントパネルの切り出しを行います。

1)寸法の測定
まずは寸法を測定します。

f:id:tomtom1ono:20210223200932j:plain

f:id:tomtom1ono:20210223200958j:plain

2)切り出し
切り出しは、先日製作した丸鋸直線切り出し治具を用います。

f:id:tomtom1ono:20210223201111j:plain

きちんと切り出しが出来ました。

f:id:tomtom1ono:20210223201208j:plain

f:id:tomtom1ono:20210223201606j:plain

2.ゴムブッシュの取り出し
フロントバッフルを固定する位置は、スピーカーのサランネットの固定位置です。そこで、サランネットの固定場所のゴムブッシュを取り出します。

f:id:tomtom1ono:20210223201453j:plain

3.バッフル固定の位置出し
ゴムブッシュを取り出した後、その中心の位置を測定しました。

f:id:tomtom1ono:20210223201807j:plain

f:id:tomtom1ono:20210223201830j:plain

f:id:tomtom1ono:20210223201909j:plain

4.バッフル固定の穴あけ
測定した寸法でバッフルの固定穴を開けます。

1)ケガキ
f:id:tomtom1ono:20210223202101j:plain

2)穴あけ
f:id:tomtom1ono:20210223202152j:plain

3)バッフル固定の穴開け完了!
f:id:tomtom1ono:20210223202410j:plain

5.バッフルのスピーカーのセンターの穴あけ
バッフルが完成しましたので、今度は実際のスピーカーの穴を開けます。

1)センター出し
センター出しは対角線のクロス位置になります。

f:id:tomtom1ono:20210223194634j:plain

f:id:tomtom1ono:20210223203702j:plain

2)センター位置の測定
ケガいた位置がセンターになっているかを測定します。

f:id:tomtom1ono:20210223203937j:plain

f:id:tomtom1ono:20210223204005j:plain

きちんとセンターにありますね。

3)センターの穴あけ
f:id:tomtom1ono:20210223204135j:plain

6.スピーカーの径の穴あけ
いよいよスピーカーの径の穴を開けます。

1)スピーカーの径の寸法測定
まず、ノギスでスピーカーの径の寸法を測定します。

f:id:tomtom1ono:20210223204634j:plain

直径は80mmですね。

2)穴あけの練習
本当の板に穴を開ける前に、不要な板を利用して穴あけの練習と、調整を行います。

まずは、板がずれないように両面テープで板を固定します。

f:id:tomtom1ono:20210223194653j:plain

3)半径の寸法を決定
スピーカーの径を切り出すのは、先日製作した治具を利用しまが、その寸法を決定します。

f:id:tomtom1ono:20210223194707j:plain

4)切り出し
6mmのトリマーの刃を設置します。

f:id:tomtom1ono:20210223194720j:plain

切り出しを行います。

f:id:tomtom1ono:20210223194737j:plain

80mm前後の穴になりそうです。

7.本番の穴あけ
練習がおわりましたので、いよいよ本番 バッフルの穴あけです。

f:id:tomtom1ono:20210223194821j:plain

f:id:tomtom1ono:20210223194833j:plain

f:id:tomtom1ono:20210223194844j:plain

f:id:tomtom1ono:20210223220527j:plain

実際にツイーターを通してみます。

f:id:tomtom1ono:20210223220830j:plain

ほぼ狂い無しで、すっぽりと納まりました。
気持ちが良いです!

8.スピーカーのBOXのバッフルの穴あけ
f:id:tomtom1ono:20210223194911j:plain

f:id:tomtom1ono:20210223194929j:plain

9.ツイーターの固定穴開け
ツイーターを固定する穴を開けます。

1)ケガキ
ツイーターを穴にセットし、垂直を出します。

f:id:tomtom1ono:20210223223156j:plain

f:id:tomtom1ono:20210223194942j:plain

そして、取り付け穴をケガキます。

f:id:tomtom1ono:20210223194949j:plain

2)穴あけ
穴あけをおこないます。

f:id:tomtom1ono:20210223223314j:plain

穴あけが完了しました。

f:id:tomtom1ono:20210223195033j:plain

10.バッフル板固定の穴あけ
バッフル板を固定するための穴を開けます。

スピーカーの高さが高いので、ボール盤に載りません。そこで、軸をずらしました。

f:id:tomtom1ono:20210223223724j:plain

穴を開けます。

f:id:tomtom1ono:20210223223810j:plain

これで、バッフル固定の穴が開きました。

f:id:tomtom1ono:20210223223854j:plain

11.鬼目ナットを取り付ける
本体に鬼目ナットを取り付けます。

f:id:tomtom1ono:20210223195051j:plain

f:id:tomtom1ono:20210223195104j:plain

f:id:tomtom1ono:20210223195118j:plain

12.バッフルの固定
バッフル板を固定します。
本来は、M6の六角30mmのビスを使用しますが、六角の30mmが在庫切れでしたので、普通のM6✖30mmのボルトで確認します。

f:id:tomtom1ono:20210223195147j:plain

バッフル板を固定してみます。

f:id:tomtom1ono:20210223195156j:plain

何とかバッフルが固定出来ました。

13.ツイーターの取り付け、ところが
いよいよバッフルにツイーターを取り付けようとしました。
このツイーターはJBLなので、インチねじのビスです。
以前購入していましたが、サイズが合いません。

f:id:tomtom1ono:20210223195207j:plain

残念ながら、取り付けは来週になります。

f:id:tomtom1ono:20210223195218j:plain

来週まで大切に保管しますね。

f:id:tomtom1ono:20210223224901j:plain

残念ながら、インチねじのサイズが合わず、ツイータの取り付けはお預けになりました。
でも、今回の製作で感じたのは、治具を製作したことにより、正確な作業を行う事が出来ました。
これまでの準備が功を奏しましたね。
達成感ありです!
そして、これからが楽しみです!

JBL 2402の設置の構想

こんばんは、Tomです。今日は猛烈に暖かったですね~。昨日よりもさらに春を感じました。ちょっと動くだけで汗だく!日も長くなり、本当に春を感じます。でも、明日から冬に逆戻りです。
さて、今日の話は久しぶりにオーディオの話です。Tomは昨年の初冬に自作アンプ3台、ipadのキーボードなどを断捨離して、JBLのホーンツイータ2402をヤフオクでゲットしました。でも、その後、Tomは年末からずーっと定年のボーナス休暇などを利用して、家の周り、家の中、作業場などの後片付けをしていましたので、なかなか2402を現在のシステムに組み込むことが出来ませんでした。
作業場を整理してDIY環境や、DIY治具を作ったので、いよいよ2402の設置の準備が整いました。

1.現在のシステム
現在のシステムは、ウーファーが下記の通りで、TBF(TANNNOY、JBLFOSTEX)です。

f:id:tomtom1ono:20210222193736j:plain

Low:TANNNOY:HPD-385
Mid:JBL 2450J+自作ウッドホーン(昨年製作)
High:FOSTEX:FT-40H
S-High:ビクター:

そこで、今回はFT-40HをJBLの2402に変更してグレードアップを図り、TBLにしたいと思っています。

2.エンクロジャーの候補
それでは、2402のエンクロジャーをご紹介します。
これは、Tomが数年前にハードオフから1080円で購入してきた、ミニコンポのジャンクスピーカーです。格好は良いのですが、音は全然ダメ!主にアンプなどを修理した時の確認用としてしか使用していません。

f:id:tomtom1ono:20210222194825j:plain

3.今回取り付けるJBL 2402
そして、これが今回システムに組み入れるJBL 2402です。
Tomの自作アンプ3台をヤフオクで売却し、同じヤフオクで中古品を購入しました。購入後、綺麗にレストアし新品の同様です。

f:id:tomtom1ono:20210222195047j:plain

4.取り付けのイメージ構想
それでは、このスピーカー筐体を利用して、2402の取り付けをイメージします。

1)フロント部を利用する場合
フロントのバッフルはRが付いているので、ここにバッフルを取り付けるとちょっと取り付け面積が少ないかもしれません。
でも、リアのスピーカー端子が再利用できますし、仕上がりがきれいです。
f:id:tomtom1ono:20210222195315j:plain

2)リア部を利用する場合
リア部にバッフルを取り付ければスムーズですが、リアの板厚は薄そうですし、スピーカー端子は使用できません。

f:id:tomtom1ono:20210222195810j:plain

やはりフロントにバッフルを取り付けるのがいいかもしれませんね。

5.スピーカーをばらして確認する
それでは、スピーカーユニットをバラします。

1)ウーファーのバラシ
f:id:tomtom1ono:20210222200025j:plain

ユニットはマレーシア製、5Ωです。

f:id:tomtom1ono:20210222200129j:plain

ネットワークはフィルムコンデンサ一個ですので、このユニットはフルレンジなのですね。

f:id:tomtom1ono:20210222200147j:plain

フロントのバッフルは、10mm以上のMDF材なのでしっかりしています。

2)ツイーターのバラシ
次にツイーターをバラします。

f:id:tomtom1ono:20210222200525j:plain

こんな感じになりました。スピーカーの取り付け部はジグソーで切り取り、サランネットの取り付け場所に鬼目ナットをぶち込み、バッフルとビスで固定したいと思います。

6.明日は2402の組み込み
これで、明日の準備が出来ました。
あすは製作した治具で2402のバッフルを製作し、このBOXに取り付けます。まあBOXでなくても良いのですが、その方が見栄えは良いので。

f:id:tomtom1ono:20210222201330j:plain

明日の製作が楽しみです!

マーキングゲージ製作のリベンジ!

こんばんは、Tomです。今日は暖かかったですね~。でも宮城の天気は南側が晴天、北側は真っ黒な雲でした。
さて、今日は4連休の2日目です。今日の記事は、以前作ったマーキングゲージの治具のリベンジです。以前製作したマーキングゲージは、ゲージの穴のエッジの精度がイマイチで、がくがくしていました。そこで、今回は、スケールの穴の加工方法を変更してもう一度作ります。

1.スケールの寸法を正確に測る
以前はスケールに紙やすりを貼って、そのスケールの寸法通り溝を掘ったのですが、今回はルーターできっちりエッジを立てたいと思います。その為には、スケールの寸法を正確に測ります。

1)スケールの幅を測る
f:id:tomtom1ono:20210221220612j:plain

2)スケールの厚さを測る
f:id:tomtom1ono:20210221220704j:plain

3)スケールの幅をけがく
f:id:tomtom1ono:20210221221505j:plain

2.ルーターでスケールの溝を切る
ルーターで正確に溝を切ります。

f:id:tomtom1ono:20210221221535j:plain

f:id:tomtom1ono:20210221220740j:plain

f:id:tomtom1ono:20210221221614j:plain

f:id:tomtom1ono:20210221221700j:plain

f:id:tomtom1ono:20210221214323j:plain

綺麗に、且つ直角に溝を切ることが出来ました。

3.パーツを切る
きちんとスケールの溝が切れましたので、パーツを切り出します。

f:id:tomtom1ono:20210221213220j:plain

上下のパーツをスケールに挟んで確認します。OKです。

f:id:tomtom1ono:20210221214639j:plain

4.穴を開ける
溝と反対側のパーツに鬼目ナットを取り付ける穴あけと、その反対側にネオジウム磁石の懐に設置する為の穴を開けます。

1)ネオジウムの穴を開ける
まずはネオジウム磁石の穴を開けます

f:id:tomtom1ono:20210221222257j:plain

f:id:tomtom1ono:20210221222857j:plain

f:id:tomtom1ono:20210221222926j:plain

2)鬼目ナットの穴を開ける
その裏側に鬼目ナットを開けます。

f:id:tomtom1ono:20210221223026j:plain

f:id:tomtom1ono:20210221223055j:plain

5.鬼目ナットを取り付ける
それでは、鬼目ナットを取り付けます。

f:id:tomtom1ono:20210221213323j:plain

f:id:tomtom1ono:20210221213335j:plain

6.上下の板を貼り合わせる
さあいよいよ板を貼り合わせます。

f:id:tomtom1ono:20210221223506j:plain

木工ボンドで貼り合わせを行い乾燥させます。

f:id:tomtom1ono:20210221213406j:plain

7.ダボを打つ
1) ダボ穴を開ける
f:id:tomtom1ono:20210221213412j:plain

2)ダボを打つ
f:id:tomtom1ono:20210221231259j:plain

接着剤を塗布し、ダボを打ちます。

f:id:tomtom1ono:20210221231337j:plain

3)乾燥させる
その後は数時間乾燥させます。

f:id:tomtom1ono:20210221231433j:plain

8.研磨
サンダーで研磨します。

f:id:tomtom1ono:20210221213439j:plain

とても綺麗になりました。

f:id:tomtom1ono:20210221213500j:plain

9.塗装する
塗装します。

1)オイルステンで着色する
f:id:tomtom1ono:20210221231753j:plain

2)ニスを塗布する
f:id:tomtom1ono:20210221231830j:plain

10.ツマミを取り付ける
最後につまみを取り付けます。

1)ビスを切断
あらかじめつまみにM5のビスを接着していましたので、それをグラインダーで切断します。

f:id:tomtom1ono:20210221232056j:plain

2)バリ取り
グラインダーでバリを取ります。

f:id:tomtom1ono:20210221213605j:plain

11.完成!
加工したつまみを取り付け、完成です。
今回はうまく出来ました。

f:id:tomtom1ono:20210221213815j:plain

これで、今後はこのマーキングケージ治具でさらに作業が効率よく、且つ正確に加工できるようになります。
今後が楽しみです。

地震で折れたコードレス掃除機を修理!

こんばんは、Tomです。今日は暖かかったですね~。まるで春が来たかのような陽気でした。庭の梅の花も咲いたし、春の気配を感じますね。
さて、今日の記事は、先日の大地震で壊れてしまったコードレス掃除機の修理の話です。さてどんな感じで復活したのでしょうか?

1.地震で壊れた掃除機
先日、Tomの家は震度6レベルの地震に見舞われました。
その時、ここに保管していたコードレス掃除機が壊れてしまったのです。

f:id:tomtom1ono:20210220212505j:plain

掃除機自体は問題なのですが、ヘッド付近のパイプが折れてしまいました。

f:id:tomtom1ono:20210220212526j:plain

2.エポキシ接着剤で接着
まずは、エポキシ接着剤で接着します。

f:id:tomtom1ono:20210220212706j:plain

f:id:tomtom1ono:20210220212823j:plain

f:id:tomtom1ono:20210220212841j:plain

これで、一日乾燥させます。

f:id:tomtom1ono:20210220212904j:plain

3.ギブスを見つけた
エポキシ接着剤で固定は出来たのですが、まだちょっと心配です。なので、ホームセンターに行き、ギブスとなるような、塩ビパイプを見つけてきました。

f:id:tomtom1ono:20210220213220j:plain

これを掃除機のパイプにはめる為に、グラインダーで切断します。

f:id:tomtom1ono:20210220213405j:plain

4.ホットメルトで固定
ギブスをパイプにセットし、その隙間にホットメルトを注入して固定します。

f:id:tomtom1ono:20210220213447j:plain

ホットメルトが熱いうちにビニールテープで固定します。
こうするとホットメルト型物の様に硬化します。

f:id:tomtom1ono:20210220213950j:plain

冷めたら、ビニールテープを剥がします。

f:id:tomtom1ono:20210220214223j:plain

これを繰り返し、スリットを入れた場所もホットメルトで硬化させます。

f:id:tomtom1ono:20210220214346j:plain

5.完成!
これで、壊れた掃除機のパイプの骨接ぎが完了しました。
かなり頑丈になりました。

f:id:tomtom1ono:20210220214449j:plain

人間も骨折すると、骨折した場所は、その前よりも丈夫になると言われていますが、この掃除機のパイプもまさにそのように強化された感じですね。
これで、しばらくは安泰ですね。
達成感あり!

洗面所のラックをグレードアップ!

こんばんは、Tomです。今日は朝からとても天気が良かったですね~。でも、風は冷たかったので、そこそこの天気だったようです。明日の最高気温の予報は、15℃ですのでとても暖かくなりそうです。楽しみです!
さて、今日のレポートは、4連休の最終日に行った、洗面所のラックのグレードアップの記事です。
洗面所のラックにピンチ(洗濯物干しの器具)の収納BOXを製作しました。

1.残念な洗面所のラック
Tom家の洗面所は、昨年末に水漏れでリフォームしました。その後1月に収納ラックを購入し、すっきしりしました。
でも、洗濯物干しのピンチが凄く煩雑な感じ。既製品の収納をあれこれ物色しましたが、ハマるものが無く、このピンチを隠すための収納ボックスを製作しようと思いました。

f:id:tomtom1ono:20210219203715j:plain

2.板の切り出し
それでは早速製作開始です。
まずは板の切り出しです。
切り出しは、先日製作した丸鋸直線切り出し治具で行います。とてもスムーズに切り出しが出来ました。

f:id:tomtom1ono:20210219203919j:plain

3.接着
切り出した板を木工ボンドで接着します。

f:id:tomtom1ono:20210219204018j:plain

f:id:tomtom1ono:20210219204036j:plain

4.固定
接着剤で貼り合わせた後は、バイスで固定します。

f:id:tomtom1ono:20210219204228j:plain

固定を安定化させるために、穴を開けタッピングビスで固定します。

f:id:tomtom1ono:20210219204253j:plain

f:id:tomtom1ono:20210219204428j:plain

f:id:tomtom1ono:20210219204505j:plain

5.トレイの製作
筐体を接着している間に中のトレイの製作を行います。

f:id:tomtom1ono:20210219204645j:plain

トレイの板はぴったりですね。

f:id:tomtom1ono:20210219204743j:plain

f:id:tomtom1ono:20210219204759j:plain

6.筐体の天板の貼り付け
筐体の天板を貼り付けます。

f:id:tomtom1ono:20210219204927j:plain

f:id:tomtom1ono:20210219204950j:plain

f:id:tomtom1ono:20210219205005j:plain

7.トレイの前面パネルの接着
トレイの前面パネルを接着します。

f:id:tomtom1ono:20210219205115j:plain

8.完成!
ピンチBOXが完成しました。

f:id:tomtom1ono:20210219205208j:plain

f:id:tomtom1ono:20210219205230j:plain

なかなかいい感じです。

9,ラックに設置
このピンチ収納BOXをラックに設置します。
寸法はピッタリで、しかもピンチは綺麗に収納出来ました。

f:id:tomtom1ono:20210219205543j:plain

これでラックはとてもスッキリしました。

f:id:tomtom1ono:20210219205447j:plain

この後は、白に塗装すればラックにマッチしてさらに綺麗になりますね。
塗装が楽しみです。

作業場を金をかけずにグレードアップ!

こんばんは、Tomです。今日は朝から雪でした。途中から晴れたので良かったです。北海道と東北の日本海側と西日本は大雪の様です。お見舞い申し上げます。
さて、今日の記事は、先日作ったDIYの作業場をこの連休にグレードアップした話です。しかもお金をかけずに使いやすくなりました。さて、その後どんなに改良されたのでしょうか?

1.電源コンセントの追加
作業場を設置した時は、既存のコンセントだけでしたので、電工リールを使って電動工具を使用していました。でも、電工リールをあっちこっちに移動したり、抜き差ししたりで結構使い勝手が悪かったです。

1)コンセントの増設
違う部屋で使用していないコンセントを取り外し、移動しました。

f:id:tomtom1ono:20210218202047j:plain

2)作業台の下にテーブルタップ
作業台の下には、再利用の4連タップを設置。これで丸鋸やトリマー、ジグソーを使用するときにコンセントを挿してすぐに使用できます。

f:id:tomtom1ono:20210218202327j:plain

3)ドリルやグラインダーのコンセント
増設のコンセントは、ドリルやグラインダーの場所にも設置しました。でも、コンセントの口が足りないので、先日洗面台に設置したラックから取り外した2連コンセントを再利用します。これで、ドリルとグラインダーと切断機は電源を固定したまま使用できます。

f:id:tomtom1ono:20210218202835j:plain

2.工具パネルに工具を追加
作業台の前面にある工具パネルですが、そこでレンチ類を追加しました。

f:id:tomtom1ono:20210218203059j:plain

工具追加後

f:id:tomtom1ono:20210218203130j:plain

3.引き出しの再利用
娘が使用して不要になり物置に放ってあった引き出しを再利用します。これにラベルを印刷しすぐに取り出しやすいようになりました。

f:id:tomtom1ono:20210218203422j:plain

4.掃除機の再利用
そして、昨年まで使用していたダイソンの掃除機です。何度も修理していましたがヘッドのサービスパーツがもうなくなったので。昨年買い換えたので、これを作業場に再利用しました。DIYの作業をすると、切り粉が沢山発生します。
ダイソンの掃除機は古くなっても吸引力は衰えないので、これを再利用します。

f:id:tomtom1ono:20210218204127j:plain

f:id:tomtom1ono:20210218204146j:plain

f:id:tomtom1ono:20210218204206j:plain

4.棚の再利用
この棚は昔の家で使用してた本棚です。新築後、作業場の奥に設置してあったのですが、埃だらけで使用していませんでしたので、今回それを引っ張り出し、洗浄して電動工具の棚にしました。
これで作業台で作業中に後ろを振り返れば、すぐに電動工具が取り出せます。

f:id:tomtom1ono:20210218204700j:plain

全くお金をかけず、これまであったものを再利用するだけで、DIYの作業場がとても使いやすくグレードアップしました。とても作業効率が良くなりました。
これからのDIYライフが楽しみですね。