SRA-2400のセッティング

こんにちは、Tomです。今日は曇ったり、雨が降ったりとあまりぱっとしない一日です。まあこんな日があっても仕方ないですね。

さて、今日は大きなイベント事はないので、Tomは前からやりたかった夏冬の衣服の入れかえを行いました。その後、波に乗ってきたので、今度は部屋の片づけをしました。
そして、昨日BTL接続でタンノイを鳴らしたSRA-2400のセッティングも行いました。

1.SRA-2400をセットする。

昨日までは床に転がしていたのですが、さすがにカッコ悪いし機能的でもないので、ラックの上にあったアンプをラックに押し込み、ラックの上に仮置きでセッティングしました。これからさらに調整し、合格したらラックの中に永久に仕舞えるようになるかもしれませんが、当分ここです。なぜなら、まだ私の心情としては中音は綺麗なものの、まだTDA7293の自作アンプを超えていない感じがするからです。

2.電源経路を変更する

これまでは、約40年前に購入したSONYのタイマーを使用してアンプの電源をON/OFFしていました。

しかし、さすがに経路が長いし、このアンプ2台を一気にオンするのはストレスがかかるので、Tomが以前製作した電源リモコンを使用する事にします。

これで、赤外線リモコンを使用し、アンプのすぐ近く壁コンセントからダイレクトに2本引き込んだ電源をON/OFFすることが出来ます。とても便利です。

3.学習リモコンで操作する

これは非常に便利なのですが、このリモコンはArduino用なのでとても小さくて、すぐにどこかに隠れてしまいます。出来ればオーディオ用に使用しているリモコンに集約したいですね。
そこで、このArduinoリモコンのデータを学習リモコンに移す事にしました。

このリモコンはとても便利ですね。これ一本で何でも動かせてしまいます。
動作を確認してみましょう!

なかなかいい感じです。
これなら、万が一Arduinoのリモコンがなくなっても、電源のリレーが使えなくなることはありません。
段々システムが完成してゆきます。
楽しみですね。