TDA7293のキットでミニアンプを作ろう!−その3−

こんばんは、Tomです。先週末から昨日までの間、とても暖かい日が続きましたが、今日はぐっと寒くなりました。冬から春になるときは、三寒四温となりますが、秋から冬になるときは、三温四寒なのかな?

昨日は、飲み会がありましたので、ブログはお休みしました。大変申し訳ございませんでした。そこで、今日はいつもの1時間の活動を行いましたので、それをレポートします。
さて、今日の記事は、TDA7293のキットでミニアンプを作ろう!のーその3−です。

前回は、部品をすべて半田付けしました。ただ、ヒートシンクがないので、動作確認が出来ませんでした。今日はその続きです。

1.ヒートシンク関連の部品が到着
本日帰宅すると、Aitendoから荷物が届きました。

その内容は、これ!

これは、これから作るミニアンプと本命アンプの為のヒートシンクとそれに関するプラビスや
絶縁マットなどです。これ全部で1200円、しかも送料無料です。

2.ヒートシンクを取り付ける
それでは、ヒートシンクを取り付けましょう。

まずは一番小さいヒートシンクを取り付けてみます。

これが、絶縁シートです。自由な大きさに切って使います。

シリコングリスを塗って

プラビスで固定します。

これで、完了です。

3.電源の準備
次に電源のハーネスの準備です。

4.ハーネスの取り付け
準備は完了しました。
そこで、裸の状態で動作を確認する為に、入力コネクタと電源を仮配線します。

1)入力コネクタの取り付け

2)電源ハーネスの取り付け

3)電源の確認

5.動作確認
それでは、早速動作を確認します。

音声入力は、いつもの通り最小構成のiPhoneから行います。

1)出力信号の確認

2)スピーカーを繋ぐ
次にスピーカーを繋ぎます。
このスピーカーも最小構成で、いつも壊れても良いスピーカーを繋ぎます。

3)音の確認
電源を繋いで音を確認してみます。
徐々にボリュームを上げてみます。
なかなか低音もしっかり出て、しかもスッキリした音が出るではないですか?しかもパワフル。とても10cmのスピーカーとは思えません。

ヒートシンクを触ってみました。かなり大きな音を出して、3分ぐらい経過しましたが、ヒートシンクはほんのり暖かくなる程度です。
これなら、OKですね。

これで、アンプの動作は確認できました。しかも、いい音です!
うれしい!
以前のデジタルアンプに比べかなりパワフルで且つスッキリした音なので、とても気に入りました。あとはシャーシーに組み込めば完了ですね。